« 課題山積 | トップページ | 肩の力を抜いて! »

2006年5月20日 (土)

連載:JDをふりかえる(1)

遅ればせながら、「Japanese Dream」についての連載企画をやります(何故か、公式ページは今も残っているわけですが)。
ここで説明。「Japanese Dream」とは?
略称JD。1992年4月から2006年4月まで放送されたFM番組。
制作は埼玉のNACK5。一時期、α-STATIONなど全国5局のFM局でネットされていた。
基本的に、その月(の15日から翌月14日まで)にリリースされる、J-POP系のシングル曲すべてをオンエアし、
リスナーが「良い曲」であるかどうかの観点でもって投票し、その投票結果により、良い曲ランキングが決定するというものであった。
で、私は、この番組を聴いて、好きなミュージシャンが大幅に増えたり、音楽観が大幅に変わったりと多大な影響を受けたわけです。
んで、何をやるかといいますと、私がMJ(ミュージックジャッジマン。この番組のオフィシャルモニター)として投票に参加した、1997年11月~1999年3月と、2000年4・5月のベスト10を振り返るというもの。
まずは、私が初めてMJとして参加した、1997年11月から。

・1997年11月度 ベスト10
1位 ハイブリッド・レインボウ/the pillows
2位 あなたはやってくる~Dear Santa/小谷美紗子
3位 強く儚い者たち/Cocco
4位 歌うたいのバラッド/斉藤和義
5位 サヨナラ/岡本真夜
6位 愛について/スガシカオ
7位 Lucy/the Pete Best
8位 主題歌/中村一義
9位 愛が走る/BEGIN
10位 エヴリ・every/谷口崇

この月は、とにかくレベルが高かった!特にベスト5はどれがグランプリでもおかしくないくらいの名曲揃い。
そんな名曲揃いな月だけに、自分も影響されまくったわけで。
the pillowsのファンになり、CDを買いライブに行ったのも、
小谷美紗子やCocco、スガシカオに注目するようになったのも(斉藤和義や中村一義はこの前から注目してたけど)、
以前からそれなりに好きだった岡本真夜が更に好きになり、アルバム、ライブ、果てはFCに入ったり(爆)したのも、この時がきっかけ。
まさに、私の音楽ジンセイ(BARGAINSみたい)を大きく変えたのがこの月だったのでした。

|

« 課題山積 | トップページ | 肩の力を抜いて! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193880/12619317

この記事へのトラックバック一覧です: 連載:JDをふりかえる(1):

« 課題山積 | トップページ | 肩の力を抜いて! »