« 昼から朝まで | トップページ | 音楽文化の冒涜に対してもっと真剣に考えるべきだと思う »

2006年7月30日 (日)

連載:JDをふりかえる(6)

「JDをふりかえる」第6回は、1998年4月度のベスト10から。

1位 Remember/堂島孝平
2位 MISS/SCUDELIA ELECTRO
3位 Parade/swinging popsicle
4位 水のない水槽/山崎まさよし
5位 回転と脱線/スーパー・トラップ
6位 CALIGURA/GREAT3
7位 ヤッホー!/泉川そら
8位 愛しているから/KOKIA
9位 魂の本/中村一義
9位 心の地図/亜波根綾乃

グランプリは堂島孝平。圧勝でした。獲得ポイント数は418ptsと、JD史上最高記録を達成(当時)。
私も大絶賛。人生のベスト10ソングに間違いなくはいる1曲です。
1回聴いた瞬間に、これはすごい曲だと思い、3回目には大泣きでした。
私は曲を聴いて感動して泣きそうになることはよくあるのですが、これ程になるのは後にも先にもこの曲だけでした。
ポピュラーミュージック好きなら必聴の名バラードですよ。
3位のParadeは、ベスト10発表時に私のコメントが読まれて、嬉しいやら恥ずかしいやらといった思いをした曲。
6位のGREAT3の曲には、CHARAがゲスト参加。独特のマニアックな雰囲気がたまらない1曲。
8位には、この曲がデビューとなるKOKIAさん。正直この曲自体はピンとこなかったのですが、後々、自分の中でこれほど重要な位置を占めることになろうとは。

|

« 昼から朝まで | トップページ | 音楽文化の冒涜に対してもっと真剣に考えるべきだと思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193880/12619424

この記事へのトラックバック一覧です: 連載:JDをふりかえる(6):

« 昼から朝まで | トップページ | 音楽文化の冒涜に対してもっと真剣に考えるべきだと思う »