« 終わってない | トップページ | あー »

2007年2月14日 (水)

グラミー結果を振り返る

グラミー賞。私は京都遠征中ということで、InterFMの中継は聞けなかったのですが、
COCOLOやら802では全くやっていなかったのでどういう事だろうかと思ってたら、
Kiss-FMでやってた訳ね。
まあどうせ京都だったから殆ど聞けなかっただろうけど。
というわけでそのグラミーの結果を振り返ってみる。
○新人賞
キャリー・アンダーウッド
予想では4番手。ジェームス・ブラントとクリス・ブラウンではないというとこまで当たってたけど大外れ。
○ソング・オブ・ジ・イヤー
「Not Ready To Make Nice」 ディクシー・チックス
的中。さすがグラミーである。
○アルバム・オブ・ジ・イヤー
『Taking The Long Way』 ディクシー・チックス
予想では2番手。アルバムだけはレッチリかな?と思ったけど。
○レコード・オブ・ジ・イヤー
「Not Ready To Make Nice」 ディクシー・チックス
的中。非常にグラミーらしい強烈なメッセージが放たれましたね。

|

« 終わってない | トップページ | あー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193880/13972046

この記事へのトラックバック一覧です: グラミー結果を振り返る:

« 終わってない | トップページ | あー »