« すごい結果 | トップページ | オーストラリア決勝 »

2009年3月29日 (日)

NHK杯出場女流棋士決定戦

NHK杯は、第59回の女流出場者決定戦。
2008年12月時点での女流タイトルホルダーが出場し、1枠のNHK杯本戦出場枠を争う。

出場者は、矢内理絵子女王、清水市代女流名人・女流王将、石橋幸緒女流王位、里見香奈倉敷藤花(肩書は2009年3月現在)。

準決勝は、矢内vs清水(今年の女流名人位戦の再現!)、石橋vs里見で行われた(どうやら、決勝とは別日に行われたみたい)。
こちらは矢内、石橋が勝利し、決勝は矢内vs石橋の同世代対決となった(いずれも勝てばNHK杯本戦初出場)。

決勝は通常のNHK杯と同じスタジオ、時間設定で行われ、解説は森内俊之九段、聞き手は中井広恵女流六段。
2年前は準決勝で負けた人が聞き手をやるという酷いことになっていたが、そうならなくて良かった。

読み上げは甲斐智美女流二段。去年のマイナビ女子オープン決勝5番勝負で矢内女王に敗れた。ここで勝ってれば出場者側だっただけにその心中はいかに。

結果は、相矢倉から徐々にリードを広げた矢内女王が勝ち、NHK杯本戦初出場を決めた。

ところで、来年度からのNHK杯の聞き手が矢内女王っていう話があるんですが、これって本当なんですかね?
(追記)
本当でした。自分が出場するときは聞き手は代役ってことでしょうか。
あと、トーナメント表の紹介の時に自分の名前を(肩書付きで)読み上げるってことですよね、これ。すごいな。

|

« すごい結果 | トップページ | オーストラリア決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193880/44870456

この記事へのトラックバック一覧です: NHK杯出場女流棋士決定戦:

« すごい結果 | トップページ | オーストラリア決勝 »