« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の40件の記事

2009年7月31日 (金)

明日から

明日から夏季休暇に入ります。
夏休みの予定。
今夜、バスでさいたまから名古屋に移動。
午前中、名古屋で漫才(のような解説)を聴きに行く。
午後、実家に帰還。
以降、実家で過ごす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

代役

ハンガリGP予選でクラッシュしたフェリペ・マッサの代役が誰になるのかが注目されていましたが、
まさかのミハエル・シューマッハ復帰となった模様です。

これは凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

ギャーーー

「クロスオーバーイレブン」録り忘れてた~!!
なんか4年前も同じようなことしたような。
今週は「2005」の再放送なのですが、どこまで録音出来てたか忘れたのでとりあえず今日からの分をすべて録¥ることにします。
来週は「2009」ということで新作です。これは逃せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

女流王位リーグ最終一斉対局

女流王位戦挑戦者決定リーグの最終一斉対局。LPSAのサイトに速報があがっていました。
紅組は清水女流二冠が勝ってそのまま5戦全勝で挑戦者決定戦進出。陥落のほうは、既に決定していた矢内、室田の両名に矢内女王に負けた中倉女流二段。
白組は甲斐女流二段に勝った上田女流二段が4勝1敗で挑戦者決定戦進出。陥落は、決定していた高群に加えて、上田女流二段に負けた甲斐女流二段、熊倉女流初段に負けた岩根女流二段。
挑戦のほうも陥落のほうもプレーオフなしで決定となりました(両組とも勝ち越せば残留、負け越せば陥落という分かりやすい図式に)。

というわけで、挑戦者決定戦は、清水女流二冠vs上田女流二段に決定!
今期の公式戦(対女流棋士のみ)では、清水二冠が7勝0敗、上田二段が11勝1敗とともに好調(上田二段は、非公式戦を含めると17勝1敗!)。
清水が勝てば、4期連続の師弟対決。上田が勝てば初のタイトル戦進出となります。
個人的には、上田さんのタイトル戦が見てみたいですが、はたして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンガリーGP

ハンガリーGP。
予選。マッサの大クラッシュ。あんなことがあるのか…。アロンソPP。そういえば、去年は2勝したけどPPは取ってなかったね。
決勝。ハミルトンが今シーズン初優勝。正直、今期中にマクラーレンが優勝するとは思わなかった。
ブラウンGPはいよいよ勢いがなくなってきたか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

王座戦挑決

王座戦挑戦者決定戦。
中川七段vs山崎七段という新鮮な顔合わせ。どちらが勝っても初のタイトル戦となる。
山崎七段と羽生王座といえば、NHK杯決勝で対決し、山崎に全員参加棋戦初優勝となっています。
中川七段と羽生王座といえば、NHK杯でのあの大逆転劇をどうしても想起してしますね。
と、どちらにしてもNHK杯と縁の深い組み合わせですね。

http://live3.shogi.or.jp/ouza/kifu/data/ouza20090727.kif

で、結果は山崎七段の勝ち。フレッシュなタイトル戦になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

バナクラ7月例会

バナクラ例会に参加。
・朝バナ
ペーパーは、「うちかけ」を「さしかけ」と間違えて、3位タイ。「ヒッコリー」を思い出せたのは良かったのだが。
7○3×、なんだか以前の自分に逆戻りした模様。ダブリーで4位。
早ボ、結局1回もボタンが付くことなく終了。3位?
・本編
kabadyさん企画。(なお、ここでは略しますがコーナー名には筋肉少女帯の曲名が配されていました。)
ペーパー。いきなりどぎつい内容。超苦手なジャンルをなんとかしぼりだしたりしつつ61点で2位。はるか彼方上にTAKUMIさん(15点差だっけ?)。
1対1対決。4ポイント先取。3ポイント取った時点で相手が1ポイント以下であれば、相手側が1問正解2ポイントとなる。ただし、誤答即失格。
いやな予感が的中し、A(あ)対決に。予想にたがわず3連取されるも、相手の誤答に救われ逆リーチをかけ、「キューサイ」をとって逆転勝利。勝負には勝ったがクイズ的には惨敗なので、気分はあんまり宜しくない。
団体戦。2組に分かれての団体戦。チーム全体で22○で勝利。ただし、誤答するとその人は回答権を失い&ポイントはく奪&チームが勝ってもポイントゼロと厳しい。えらく厳しい組み分けになり、途中こーたろーさんの誤答で紛れるも、負け。
多答。各人テーマを1つ選択。選んだ人以外は、答えを1つボードに書く。選んだ人は、11個解答出来、他の人とかぶらなければ高得点。
私が選んだのはもちろん「将棋」。答えの数は23個ということでよく分からなかったが、テーマは「A級&B級1組所属の棋士」。有名どこ(佐藤、森内、渡辺)を外せばパーフェクトもあるかなといった感じ。途中、頭が真っ白になって現役タイトルホルダー(久保、深浦)を答えるも、書いた人はおらず、この企画唯一のパーフェクトを達成(答えたのは、豊川、松尾、山崎、杉本、行方、久保、鈴木、深浦、井上、高橋、三浦)。阿部、堀口、畠山、屋敷といったあたりが咄嗟に出てこなかった。
それにしても、現役タイトルホルダーなのに全然反応がなかったのはさすがにどうだろう…。
早押しボード。ルールは複雑なので略。1度も解答権をとることができず、ボードのみでコツコツ稼ぐ。それなりの順位に終わる。この時点で僅差の2位。
ローリング。通常問題5問、もう1度問題5問のセットが繰り返される。第1セットは正解+10、以下+20、+30とインフレしていく。誤答するとそれまでの通算得点が半減される。
こーたろーさんが鬼神のごとく正解を重ねるも、誤答半減が響いて、なんとか差し切って優勝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

フジロック中継

マイナビ対局を見ながら、InterFMでやっていたフジロック特番を録音。
午後1時からの特番の頭の部分を録り逃したのが痛恨。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイナビ予選観戦記

(本文中、一部敬称略)
第3期マイナビ女子オープン予選を見に行く。
・1回戦・午前
何といっても、石橋vs里見のタイトルホルダー同士の対局に注目が集まる。
他には、中村桃vs熊倉の、高橋門下対決にも人だかりができていた。

大盤解説会でも同対局の解説が行われた。
解説には、本戦シードの中井女流六段、窪田六段、渡辺竜王、中川七段、青野九段といったあたりが出ていた(あと、午後には泉七段も)。

とりあえず解説会場は、写真OKということでいろいろと(遠くから)撮影。
また、解説会場は、勝者インタビュー会場でもあり、対局を終えた棋士が続々とやってくるという趣向。
が、一番乗りの関根女流五段が、会場に紹介されずに不憫だった。
その後、続々と勝者棋士がやってきた。
注目の、石橋・里見戦は大熱戦の末、石橋女流王位の勝ち。
他には、貞升、藤田綾、渡辺、笠井、熊倉、村田、香川、山田久が勝利。
・午前雑感
山田久かっけー。
藤田綾の迫力。
貞升に負けた林。数十分間フリーズ。
アマには負けられないと宣言する熊倉(予選決勝の相手は笠井)。
窪田の解説(というか挙動)がいちいち面白い。
対局は午後からなのに、午前中から観戦している室田。
普通に解説会に出入りする、熊倉、山口、渡辺、藤田綾、笠井。
・1回戦・午後
大盤解説は、千葉・島井戦。
タイトルホルダーをやぶり、島井女流初段が予選決勝進出。
終局後、対戦したお2人が解説会場に来るが、去る時に配線につまづいてこける千葉女流三段…。
他には、早水、小野、甲斐、古河、山田朱、安食、室田、久津、鈴木、成田、上田が勝利。
・午後雑感
鈴木の人気すげー。
山田朱ごっつい。
千日手の安食植村戦。女流の千日手なんていつ以来なんだろ?
島井のインタビューの際、予選決勝の話になった途端にその場から退散する早水(予選決勝の相手)。
アマは3人とも予選決勝進出。対戦相手を見ると順当といえば順当なのだが、それにしても…。
ふと対戦一覧を思い返し、早く終わりそうと思ってかけつけたらちょうど終わったところだった鈴木山下戦。
前から欲しかった、3手詰め&5手詰めハンドブック4冊と、北浜七段の詰将棋本、そして「イメージと読みの将棋観」を購入。すべてサイン入り。
本棋戦にはスポンサー制度があり、対局にスポンサー料1万円を出すと、対局側での観戦ができるほか、勝者棋士に目録の贈呈を行うことができる。その贈呈式の司会をしていた人の手がやたらと震えていて、カミカミで必要以上に緊張していたのが印象的だった。

・予選決勝
決勝の勝者予想クイズというのがあったので参加。上位12名に賞品が当たる。
私の予想は、石橋、藤田綾、斎田、熊倉、村田、香川、早水、甲斐、山田朱、室田、鈴木、上田。
大盤解説は、上田成田戦であったが、あんまり対局が進まないこともあり、渡辺竜王の機転により、ネット中継されている全対局(熊倉笠井戦、甲斐小野戦、山田久香川戦(香川は勝てば昇級))が一通り解説された。
本戦進出第1号は甲斐女流二段。その後続々と、本戦進出者が決定。
が、2局だけがなかなか終わらない。それは、山田久香川戦と、久津鈴木戦。
山田久香川戦のほうは、香川が入玉し、山田久に勝ち目はないとのこと。それでもしばらく続き、186手で香川の勝ち。これで、本戦進出とともに即日女流1級への昇級となった。
それでもなお、久津鈴木戦は、終わらない。こちらも久津玉が入玉。鈴木玉は穴熊。ということであったが、215手の長手数で鈴木が投了し、久津の本戦進出となった。
他には、石橋、長沢、斎田、熊倉、関根、島井、山田朱、室田、上田が本選進出を決めた。
これで予想クイズのほうは、8勝4敗。微妙…。失礼ながら、関根・島井・久津を予想した人はそういないと思うが、長沢を外したのが痛い。
・予選決勝雑感
関根勝利が伝わった瞬間、解説会場にどよめきが。
島井は、千葉、早水のA級2人を破っての本戦進出(そもそも、この組は島井以外全員がA級)。島井さんかわいい(コラ)。
アマは3人とも予選決勝敗退。さすがに、甲斐・上田・熊倉といった上位クラスには勝てないか。
泉七段は、言動が現役のプロ棋士とは思えなかった(顔を存じ上げなかったので、指導棋士かと思ってしまった。←失礼!)。
山田朱の満面の笑顔が半端なかった。が、もっとすごかったのはこの後…。

・本戦トーナメント抽選会
予選を勝ち上がった12人が勢ぞろいし、本戦トーナメントの組み合わせ抽選会が行われた。
本戦進出を決めた順にくじを引くのだが、最初にひいた甲斐女流二段がいきなり対清水戦をひいてしまうという…。
以下、抽選が進み本戦の組み合わせは以下のとおりとなった。
中村真梨花女流二段 vs 香川愛生女流1級
石橋幸緒女流王位 vs 熊倉紫野女流初段
久津知子女流初段 vs 長沢千和子女流四段
甲斐智美女流二段 vs 清水市代女流二冠
中井広恵女流六段 vs 山田朱未女流二段
斎田晴子女流四段 vs 島井咲緒里女流初段
関根紀代子女流五段 vs 上田初美女流二段
室田伊緒女流初段 vs 岩根忍女流二段
・抽選会雑感
フライングでくじを引こうとする甲斐。
くじ運が良いと豪語するもそうでもなかった島井。
対戦相手が中井に決まって、年上だからミスするかもと本人のいる前で暴言を吐く山田朱。
本戦進出歴をいちいち間違える司会(長沢・室田)。
男の子に間違えられる香川。
重量級対決(久津・長沢)。対局に備えてダイエットするらしい久津。
勝ち上がったことが奇跡と失礼なことを言われた関根(それにしても69歳で1日2勝は凄い)。
名古屋のアイドル室田伊緒。

終了後は運動のため&地下にもぐりたくなかったので、神田まで歩く。
翌日のこともあるので、家には戻らずホテル泊。

・どうでもいいですよ
これで、現役女流棋士で実物を見たことが無いのは、予選シードで当日不在であった岩根、中村真、清水と、休場中の伊奈川、坂東(矢内は一昨年の谷川九段の講演で拝見している)。
見たことのある男性棋士。森内、谷川、渡辺、戸辺(?)、中川、青野、窪田、泉、北浜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

ドライバー変更

セバスチャン・ブルデーが解雇で、新ドライバー加入したみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

好発進

王位戦は、木村八段が連勝スタート。
いよいよ初タイトルか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

焦った

朝、いつもの通り携帯プレイヤーで録音した番組を聴こうとしたが、なぜかリストに何も表示されない。

残時間はファイルが存在することを示しているのだが、肝心のリストに何も出てこないのである。

試しに、録音してみると、録音は成功している模様。

録音をやめて、再度リストを見ると、ちゃんと表示され、音声を聴くことも通常通り出来た。

一体、何だったんだろうか。
何れにせよマメにバックアップを取っておいたほうがよさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

石橋女流王位連勝

朝日杯。石橋幸緒女流王位が武市三郎六段に勝利。
これで、石橋女流王位は、今期だけで対男性棋士2勝目(女流全体では4勝目)。

さらに、続いて行われた神谷広志七段にも勝利し、石橋女流王位は対男性棋士3連勝となりました。
すげー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝、どうしようもない倦怠感。なんとか出社。
右腕が筋肉痛。右足の裏が痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

A(あ)7月例会

A(あ)例会に参加。TSUBAMEさん企画。
・ペーパー
50問15分。点数がそのままポイントになる。
傾向的には会っていると思うのだが、いまいち正解が伸びない。
ペーパー力が明らかに落ちているなあ…。
33点で11位。まあそんなもんか。おそらく、現役学生にはこの問題群はきつかったのではないだろうか。
・組み分け早押し
組の分け方が、ペーパーの上位、中位、下位。
正解すると+2ポイント、誤答は3休。
正直、勝ち抜けが無いのがキツイ。なんとか「羊かん」を正解して+2ポイント。
・コース別
10のコースからいくつかを選択する(だいたい4つくらいになる)。上位4人にポイントが入る。
自分の作戦としては、問題傾向的にはあわないことはないので、解答権をあまり争う必要が無いもの。つまり、普通の早押しぽいのは避けるということで。
1.ボードクイズ
7ポイント先取のボードクイズ。
2問目の「天野之や」を少数正解し、一時トップに立つも、追いつかれNWAさん、ham帽さんと並んで7ポイント到達。
順位決定戦で2問連続不正解し、結局3位…。「白光真宏会」を1文字間違えたのが痛かった。
あと、「正宗白鳥」をかけらすら思い出せなかったのは、大きく反省すべきところ。

2.3択クイズ
15問先取。知識を問う感じの3択はそれなりにやれると思ったが、まあそんな感じで3位タイで3人が並ぶ。
サドンデス2問目を単独正解し、3位獲得。

3.早押しボードクイズ
オーソドックスなルールで、10ポイント勝ち抜け。
「QUEEN」を早押し正解し、あとはボードでこつこつとポイントを重ねるも、誤答で沈んでいたTAKUMIさんにさしきられて、ギリギリポイントゲットの4位。

4.タイムアタック
20問1セットの早押しを、1人1人に対して行う。10問正解するまでにかかる秒数が短い上位4人がポイント獲得。同タイム(秒単位まで計測)の場合、先に挑戦したほうが勝ち。
9番手を選択し、自分のが終わった時点で、ボーダーギリギリの4位。最後の10番手のリック君が私を上回ればポイント圏外に落ちるが、結果はなんと同タイム。ギリギリで4位を確保。

これまでで、100ポイント以上を稼いだ、TAKUMIさんとバーソ君が決勝進出。のこった面々は準決勝へ。

ちなみに、ここまでの私のポイントは7位。
ペーパー順位より予選結果順位のほうが上なんていつぶりのことか…。

・準決勝
予選順位順に並んでのローリング早押し。2○1×で、各組勝ち抜けた1名が決勝進出。これを6回繰り返す。
1×(自由軒を思い出せず)したのみで終了。
正直、予選は何だったんだろうと気にはなりました。

・決勝
8人によるトーナメント。dobbyさんとの船橋対決を制して、バーソ君が優勝。

さて来月は私の企画です。
有り物ではあるので、準備はそれほどないですが、一部問題差し替えと、A(あ)独自企画があるので、そちらの準備に取り掛かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

アンアン

An×An2は、少しずつ少しずつやっています。
とりあえず今のところは全戦優勝を続けています(15戦連続くらい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加藤いづみ

「髪を切ってしまおう」 散髪に行った
「シャンプー」 切った髪がいっぱい出てきた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

棋聖戦最終局

棋聖戦最終局。
産経新聞MSNの中継サイトでは、第1局に次いで梅田望夫氏によるリアルタイム観戦記が執筆されております。

(終局後)
羽生の牙城は固いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

初優勝

ようやく決勝まで見終わる。マーク・ウェバーが初優勝。なんでも、F1参戦から初優勝までの最遅記録だとか。
レッドブルワンツーで、3位には今季初表彰台のマッサ。
これで、レッドブルとブラウンGPの差がだいぶ詰まってきました。
ここからブラウンの踏ん張りが見られるかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

名曲

今日の脳内BGM
ちゃりんこ/たむらぱん
これは、春の定番曲になるべき曲ですよ。名曲!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイナビ予選の予想

第2期マイナビ女子オープン第3局。
そして、本日は第3期マイナビ女子オープンの予選組み合わせが決まる日でもあります。
んで、決定した組み合わせがこちら。偉そうな私の短評を交えて。

1ブロック
林まゆみ女流二段 vs 貞升南女流1級
石橋幸緒女流王位 vs 里見香奈倉敷藤花
林、貞升の勝者  vs 石橋、里見の勝者
【評】
いきなり1回戦でタイトルホルダー同士の対決が!
普通に考えて、タイトルホルダー対決で勝ったほうでしょう(里見かな?(寒い))。

2ブロック
藤田綾女流初段  vs 石高澄恵女流二段
鹿野圭生女流初段 vs 長沢千和子女流四段
藤田綾、石高の勝者 vs 鹿野、長沢の勝者
【評】
なんとも評しがたい…。圧倒的に若い藤田有利と見るがどうか。

3ブロック
渡辺弥生女流2級 vs 山口恵梨子女流1級
松尾香織女流初段 vs 斎田晴子女流四段
渡辺、山口の勝者 vs 松尾、斎田の勝者
【評】
何気に激戦区。誰が来てもおかしくはないが、タイトル経験者に一日の長ありか。

4ブロック
中倉彰子女流初段 vs 笠井友貴アマ
中村桃子女流1級 vs 熊倉紫野女流初段
中倉彰、笠井の勝者 vs 中村桃、熊倉の勝者
【評】
普通に考えれば熊倉だが、笠井はアマ時代の熊倉に勝っているので、ひょっとしたらひょっとするかも。

5ブロック
関根紀代子女流五段 vs 森安多恵子女流三段
藤森奈津子女流三段 vs 村田智穂女流初段
関根、森安の勝者  藤森、村田の勝者
【評】
平均年齢がえらく高い。やはりここも若い村田が有利でしょう。

6ブロック
大庭美樹女流初段 vs 香川愛生女流2級
高群佐知子女流三段 vs 山田久美女流三段
大庭、香川の勝者 vs 高群、山田久の勝者
【評】
ここも(以下略)。香川の本戦進出を見てみたい。

7ブロック
島井咲緒里女流初段 vs 千葉涼子女流三段
早水千紗女流二段 vs 本田小百合女流二段
島井、千葉の勝者 vs 早水、本田の勝者
【評】
女流名人位戦A級が3人、B級が1人の大激戦区。てか、この組み合わせは無いよなー。
タイトル経験者に(以下略)。

8ブロック
蛸島彰子女流五段 vs 小野ゆかりアマ
井道千尋女流初段 vs 甲斐智美女流二段
蛸島、小野の勝者 vs 井道、甲斐の勝者
【評】
やはり甲斐さん優勢と見るが、今期不調なので井道さんにもチャンスありか。

9ブロック
船戸陽子女流二段 vs 古河彩子女流二段
山田朱美女流二段 vs 竹部さゆり女流三段
船戸、古河の勝者 vs 山田朱、竹部の勝者
【評】
正直よく分からない。前期本選入りした竹部さんか?

10ブロック
安食総子女流初段 vs 植村真理女流三段
藤田麻衣子女流1級 vs 室田伊緒女流初段
安食、植村の勝者 vs 藤田麻、室田の勝者
【評】
いくら今期絶不調とはいえ、このブロックを抜けられない室田ではないと思う。

11ブロック
久津知子女流初段 vs 北尾まどか女流初段
山下カズ子女流五段 vs 鈴木環那女流初段
久津、北尾の勝者 vs 山下、鈴木の勝者
【評】
まず、鈴木・北尾の決勝とみて間違いないでしょう。今期の成績から北尾優勢と見る。

12ブロック
野田澤彩乃女流1級 vs 成田弥穂アマ
上田初美女流二段 vs 中倉宏美女流二段
野田澤、成田の勝者 vs 上田、中倉宏の勝者
【評】
上田鉄板でいいでしょう。多分。

本戦シードは、第2期でベスト4となった、岩根(矢内が負ければ矢内)、中村真、清水、中井の4名となります。

ちなみに(こっちのほうが本題なのですが)第3局のほうは、終盤頓死だったりそれを逃したりあったらしいが、
結局矢内女王の3連勝防衛となりました。

(余談)
この第3局のスポンサーになってた「二歩情報技術株式会社」って何なんでしょうね?
検索しても、マイナビのページしかヒットしないし。
それにしても、将棋のスポンサーに「二歩」って…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

またか

Q2の途中で寝落ち orz
いまのところ、マクラーレン(ハミルトン)復調の兆しか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指し直し!

深浦王位に木村八段が挑戦する今年の王位戦第1局は千日手指し直しとなったようですね。
なんでもタイトル戦では7年ぶりのこととか。
結果は木村八段の勝ち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

万歩計

昨日からNINTENDO DS「歩いてはかる生活リズムDS」を導入。
いわば万歩計ソフト。
といっても付属の万歩計を身につけておくだけで、
DS本体とソフトは、その結果を集計・表示するために使用するという代物。
ちなみに、昨日は何かと移動が多かったので、15000歩強歩いていましたが、昨日は10000歩弱でした。
普通の平日でもそんなに歩いているのか。その割には(以下略)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

図書館

熊谷の図書館で、以下の5冊を貸出。
・別冊宝島「次の一手」読本
・上達するヒント/羽生善治
・西洋美術
・街道をゆく(1)/司馬遼太郎
・夕陽妄語(1)/加藤周一

読本はどうせすぐ読み終わるし、西洋美術も気になったところをメモに取ればいいのだけれど、あとの3冊が結構重い。
2週間で読み終えられるとは到底思えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最初だけ

「真夏の音楽クイズフェス09」に最初だけ参加。
そのあとは、熊谷で(以下略)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

女流健闘

メルマガ発行作業とともに、王座戦一次予選の女流一斉対局を観戦してました。
基本的には、全対局、女流に勝機があったようで、非常に熱戦で観戦にも力が入りましたが(特に清水さん以外の3局)、勝ったのは石橋女流王位の1人。
これで、王座戦の女流一斉対局の女流初勝利となりました。

それにしても、昨年度は対男性棋士に1勝しかできなかった(あの、稲葉里見戦)のが、今年度はすでに3勝ですね(岩根、中井、石橋がそれぞれ1勝ずつ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JIJI-Q

メルマガ発行作業をやったりやらなかったり。
とりあえず、ここ最近は発行ラッシュになるので宜しく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

クマー…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土岐ちゃんライブ

M-onでやっていた土岐麻子のライブを視聴。
いやー土岐ちゃんってあんなによくしゃべってたっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

しーちゃん

昨日、行われた朝日杯将棋オープンの一次予選で、岩根忍女流二段が神吉宏充六段に勝利し、
男性棋士との初対局初勝利を果たしました。
(そのあと、行われた桐山清澄九段戦では破れました。)

確か、これって史上初のことだよね?
それなりにニュースバリューのあることだと思うんですけどどうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

今後の予定

オープン大会の今後の予定。
7/12 真夏の音楽クイズフェス09 1つだけ◎
さんざん悩みましたが結局エントリしました。
といっても最初のしか出ませんが。

7/20 B-Feelオープン スタッフ
スタッフ。

8/9 第4回若獅子杯 ×
考えてみれば帰省中なので、見に行こうと思えば、行けるが多分行かない。

8/22 第14回女だらけのクイズ大会 △
1度観戦しに行こうかな。例のブツを渡すという大義名分の下。

9/6 T.T.T. TRACK1 ○
行きます。以外と久しぶりの純粋なガチ短文オープンみたいなので楽しみ。

9/12 第12回一橋オープン ○
行きます。今度はコース別は突破したいな…。

9/21 第8回アニソンキング決定戦 ×
正直この一覧に出すことすらイヤなんですが。行くわけないです。
ていうか、

9/21 賢押杯2009フリーバッティング大会 ×
これと日程丸かぶりてどういうことやろか。こっちのほうが先に日程出してるのに…。
さらに、

9/22 賢押杯2009 ×
参加資格なし。正直、アニゲ2割とか言ってるうちは、スタッフ協力も出来ないです。申し訳ないですが。

9/21 第8回24時間イントロクイズ①~音楽クイズ王決定戦~ △
これもかぶるか。てか、ちょっとは考えて日程組んでほしい…。
ただ、行くとすればここ。

9/22 第8回24時間イントロクイズ②~ラントロクイズ王決定戦~ △
ヒット曲ヒット曲ってそんなにヒット曲が好きか?よく飽きないですね…。
てか、賢押杯とかぶせるなんて、もうイントロ勢の狭い範囲の中に閉じこもるつもりなんでしょうか。
幅を広げるとかいう考えは無いんでしょうかね?

9/23 KQKオープン(仮 ◎
とりあえずエントリしました。例題難しいけど、面白そう。

10/10 five-star ○
参加します。ただ活躍は難しそう。

10/11 偏差値42からのイントロオープン △
企画内容次第。場合によっては、今年最大の目標になるはずだったのに。

10/11 第6回ドラゴンクエストオープン ×
さすがにこれ参加するくらいだったら、偏差値のほうに行きます。

11/8 第2回FQUIZオープン ○
前回、評判よかったみたいなので、参加予定。

11/14 東京問答杯バナクラカップ スタッフ
もちろんスタッフ。

11/21 ISDオープン2009 1日目 ×
日程の都合上、不参加確定。

11/22 ISDオープン2009 2日目 ×
同上。新潟とは本当に縁が無い。

11/23 第2回ダブルスNo.1 ○
今のところ参加予定。てか、参加したい。

12/?? PERSON OF THE YEAR ×
なにも出来ませんが、大会の成功を祈っております。

1/30-31 第12回GTO ○
参加予定。

2/?? 第8回京都オープン ○
相方が見つかれば参加したい。てか、見つける。

3/21 abc~the eighth~ スタッフ予定
多分、当日スタッフやっていると思います。

3/21 EQIDEN2010 スタッフ予定
同上。

3/?? 回帰線杯 ×
参加資格なし。

4/11 「第3回東日本新人王/早押王」のリハーサル ○
兼任スタッフするつもりなので、参加。

5/2 第3回東日本「新人王」決定戦 スタッフ予定
スタッフの予定。

5/2 第3回東日本「早押王」決定戦 ○
参加の予定。ただ、これまでのルールでは歯が立たないこと請け合い。

5/2 第3回西日本「新人王」決定戦 ×
東日本に出るのでね。

5/2 第3回西日本「早押王」決定戦 ×
同上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

コミュニティFMのネット配信

コミュニティFMをネット配信するSimulRadio。着実に対応局数が増えていっています。

が、正直なところ、「湘南ビーチFM」が聴ければ満足な私。
(他の局もタイムテーブルを参照したりしていますが、時間帯やタイムテーブル自体が細切れだったり、番組内容がちゃちだったりで、ビーチFMを凌ぐようなのってないんですよね…。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

違和感

MTVでやっていたCOLDPLAYライブを見る。
さいたまスーパーアリーナでやっていたライブをアメリカかイギリスのMTVが収録したものを、日本に逆輸入したかたちの模様。
そのせいか、開催地の紹介が、「Saitama Super Arena in Tokyo Japan」となっていたのに激しく違和感。
埼玉は東京じゃねぇ~。
(ま、海外からすれば、埼玉と東京の違いなんて分からんでしょうが。日本自らが、千葉にあるのに「東京」ディズニーランドなんて称してるくらいだし。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

最強戦準決勝

大和証券杯ネット将棋最強戦準決勝第2局を観戦。
久保利明棋王vs山崎隆之七段という関西勢同士の戦い。
久保棋王の捌きが不発だったようで、山崎七段の勝ち。
山崎七段、絶好調ですね(順位戦も連勝スタート、王将戦も挑戦者決定戦進出)。
決勝は、こちらも絶好調の木村八段との対局になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

購入三昧

今日は高崎まで出て、いろいろと買い物。
メインの目的は、以前mixiで某マイミクが紹介していたDSの万歩計ソフト。

まずは、LABI1高崎のゲームコーナーに行くが、歩数計単体はあったものの、ソフト自体は見当たらず。
代わりに(?)、「頭の体操」全2本と、「」そして、TOEIC勉強用のソフトの計4本を購入。
さらに、DVD-Rを20枚購入。

LABI1に入っているレストランで坦々麺を食した後、タワレコに移動。
洋楽アルバム6枚を一気に購入。
・Chinese Democracy / GUN'S'ROSES
ずっと前に1回さわりを聴いた良さそうだったが、ずっと買いそびれていた。輸入盤。
・21st Century Brakdown / GREENDAY
感触としては前作ほどではなさそうですが。輸入盤。
・ DEREK TRACKS BANDの新作
これもずっと買いそびれていた1枚。ピーターさんの解説が入っているので国内盤。
・ EMINEMの新作
待望の新作。歌詞をちゃんと見たいので国内盤。
・ ベスト / EARTH WIND & FIRE
ベスト盤が1000円で売っていたので思わず購入。もちろん輸入盤。
・ メロディ・ガルドーのアルバム
新人ジャズミュージシャン。以前から気になっていたが、M-ONで聴いてこれは良さそうだと思い購入。輸入盤。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

ウォーク

今日は、今までと趣向を変えて高崎・倉賀野間を歩いてみることに。
ずっと線路を右側にして歩いていたはずなのに、駅が左側にあったことにビックリ。
てか、自分の方向音痴ぷりに改めて嫌気がさす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

棋戦あれこれ

・第2期マイナビ女子オープン5番勝負第2局が大阪で行われております。
なんか第1局を先後逆にした感じでしょうか。
まあこの2人だったら対抗形になるのは当然なわけですが。
結果、矢内女王が2連勝で、女王防衛に王手をかけました。

ところで、マイナビ女子オープンの永世称号はまだ発表されていないわけですが(制定されていない?)、どうなるんでしょうね?「クイーン女王」ではトートロジーだし(他のタイトルの永世称号はすべて「クイーン~」で統一されている)。

・王座戦決勝トーナメントは、山崎七段が渡辺竜王をやぶって挑戦者決定戦進出!
本当に今期の山崎七段は好調ですね。
もう1つの山からは、中川七段vs藤井九段の勝者があがってまいります。

・女流王位戦の挑戦者決定リーグ。
紅組の全勝対決清水女流二冠vs早水女流二段は、清水女流二冠が勝ち。
最終戦は、これまで全勝の清水女流二冠とこれまで全敗の室田女流初段との対局…。これは勝負ありか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

7月改編

7月改編。Brandnew Jが大改編になりました。
・ 土日の放送が終了。平日も10:00-27:00までと1時間短縮。
・ J-WAVEのサイマル放送が拡大。
・ 放送対象が日本国内のみに縮小。

んで、タイムテーブルをまとめると以下の通り。

Mon-Thu
10:00-11:25 Brandnew-J Cafe Bonjour!
11:25-11:30 EC ONLINE TOKYO PREMIERE
11:30-14:00 M+ [サイマル]
14:00-14:05 EC ONLINE TOKYO PREMIERE
14:05-16:30 Brandnew-J Cafe Midi!
16:30-16:45 BOOK LOVERS
16:45-18:00 Brandnew-J Cafe Midi!
18:00-18:45 ZAGAT SURVEY MUSIC MEETS DINNER
18:45-21:55 Brandnew-J Cafe Bonsoir!
21:55-22:00 EC ONLINE TOKYO PREMIERE
22:00-23:45 PLATOn [サイマル]
23:45-24:00 DOCOMO MAKING SENSE [サイマル]
24:00-24:30 SHISEIDO MIDNIGHT FACES
24:30-26:00 OH! MY RADIO [サイマル]
26:00-27:00 MUSIC WONDERLAND [サイマル]

Fri
10:00-11:25 Brandnew-J Cafe Bonjour!
11:25-11:30 EC ONLINE TOKYO PREMIERE
11:30-16:00 PARADISO [サイマル]
16:00-16:30 Netz STYLE STUDIO [サイマル]
16:30-16:45 BOOK LOVERS
16:45-18:00 Brandnew-J Cafe Midi!
18:00-18:45 ZAGAT SURVEY MUSIC MEETS DINNER
18:45-21:55 Brandnew-J Cafe Bonsoir!
21:55-22:00 EC ONLINE TOKYO PREMIERE
22:00-23:45 RADIO×SPIDER [サイマル]
23:45-24:00 DOCOMO MAKING SENSE [サイマル]
24:00-27:00 SHISEIDO MIDNIGHT FACES

J-WAVEのサイマルなんてやって誰が嬉しいのかさっぱり分かりません。
既存のJ-WAVEでは出来ない音楽中心の番組編成が売りだったはずなのになぁ。

ただ、「MIDNIGHT FACES」だけは気になりますね。かつての名番組の復活ですが、さてどうなることか。
(7月3日、10日には、佐藤竹善がゲスト出演だとか。)

(追記)
「MIDNIGHT FACES」のDJはソルトさんみたいですね。納得。
(第1回放送を聴き逃してしまった。「玉ニュー」見てました…。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »