« 休み終了 | トップページ | しんどすぎ »

2011年1月 4日 (火)

上州将棋祭り

第1回上州将棋祭り。といっても、今日は出勤日なので高崎勤務をいいことに昼休みの間だけ見に行くことに。
会場に到着すると、ちょうど午前中のイベント(女流対局)が終わったところだった。
対戦カードは、矢内理絵子女流四段対上田初美女流二段。なんと、今週金曜日に行われるマイナビ準決勝と同じ顔合わせ(!)
盤面を見る限り上田女流二段が勝ったぽい?(翌日、確認したところやはり上田女流二段の勝ちだった模様)
続いて行われたのは、今回出演する棋士の紹介。ということは!
はい、出演棋士がずらりと登場。
羽生名人、藤井九段、三浦八段、北島六段、関根女流五段、長沢女流四段、矢内女流四段、山田女流三段、上田女流二段、坂東女流2級と勢揃い。
とりあえず、来た目的は果たせました。
・生・現役の永世名人有資格者コンプ
・生・現役女流棋士残るは1人(伊奈川女流1級)
あと、客席側で船戸女流二段ぽい人がいたような気がするが、気のせいかも。

続いては、羽生名人のトークショーということで、出演は羽生名人、矢内女流四段、山田女流三段の3人。
お正月何してたかとか、将棋との出会いといった話が繰り広げられる。
今日の迷言
「鎌倉にあるなんとか八幡宮」(矢内)
が、途中で会社に戻る時間となり、泣く泣く退散。と、これで私の第1回上州将棋祭りは終わる。はずだったのですが…。まさかここからが本番(?)だっとは。

正月明けということもあり疲労感が半端なかったため、午後7時前に退社。
高崎駅に向かおうとしていたところ…

新幹線口前に、なんと羽生名人の姿が!!!
すれ違って、振り返ると、確かに羽生名人である。
さらにもう1回振り返ると、姿は消えていた。恐らく、新幹線改札に向かったものと。

どうやら、祭りが終わって棋士の方々が帰られる時間帯に偶然にもぶち当たった模様。

ちょっと興奮気味に、在来線改札に入る。すると、在来側から新幹線に入る改札のところに、将棋世界の田名後編集長(らしき人)が。
(あとで将棋世界を見てみると、取材で行っていたらしいので、おそらくご本人)。

さらに、高崎線に向かうエスカレータで矢内女流四段らしき人を目撃。
(在来線使うんかいな?と思っていたが、考えてみれば矢内女流四段は行田在住なので、新幹線使うよりも便利か。)

その時は、どうなんだろうなーと思っていたのだが、高崎線の電車に乗ってしばらくすると、自分の目の前を、米長会長と西村九段が通り過ぎて行った(!)。

なんだか、年始早々すごい体験をした1日だった。

ぜひとも来年は休日に開催していただきたいものです。

|

« 休み終了 | トップページ | しんどすぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193880/51574021

この記事へのトラックバック一覧です: 上州将棋祭り:

« 休み終了 | トップページ | しんどすぎ »