« 女流王位戦など | トップページ | 翌日 »

2011年3月11日 (金)

3.11

この日も通常通り勤務。来週ある報告に向けてあわただしく準備しているところでした。
ふとトイレにたったとき、少しグラグラ揺れているような感じ。隣に居た人と「地震起きてるよね?」などと声を交わす。
トイレを終え、自席に戻ろうとしたときに、揺れが激しくなる。
これはヤバい。と思い、急いで自席に戻り、机の下に隠れる。
揺れる。時間が長い。横揺れが激しい。必死に地面にしがみつく。まだ終わらない。
正直、ビルが折れてしまうのではなどと最悪の事態を想像する。

ようやくおさまった。
と思ったら、また揺れる。

3回ほど大きな揺れが来た後、避難することに。仕切りガラスが落ちて割れているところも。

庭の部分で待機。寒い。コートを置いてきたのは失着。
ワンセグをつけると、津波が襲ってくる様子が…。これはどこの国?ここの国だ。
そんな間も、余震が何度かやってくる。ビルの天井のアンテナが激しく揺れる。

1時間ほど避難したあと、階層ごとに居室に戻り、帰り支度。午後4時過ぎに退社。

といっても、電車が完全ストップしており、どうしようもない。
ラジオで情報を得つつ、駅前の歯医者に設置されたテレビを見たり、駅前で電車の状況を伺ったり。
あと、備えにコンビニやヤマダ電機で食糧、乾電池、本を買い、ATMでお金をおろしておく。

しばらくして、新幹線の本日運休が決まる。ほどなく、在来線の本日運休も決まる。

1日待って、翌日の電車で帰るという手もあるが、明日になったからといって電車が動いているかどうかなんて分からない。

ということでタクシーを使って帰ることにした。
群馬県内は激混みで、判断を誤ったかと思うが、埼玉県にはいると比較的スムーズに進んでいき、午後10時ころに籠原駅着。(途中、停電になっている信号機や、休業になっている24時間営業も見え、ただごとではないと改めて認識)。

帰宅後は、ひたすらラジオやらテレビやらネットやらで情報収集に努める。
余震が怖くて風呂に入ることなく、いつの間にか寝ていた。

|

« 女流王位戦など | トップページ | 翌日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193880/51574724

この記事へのトラックバック一覧です: 3.11:

« 女流王位戦など | トップページ | 翌日 »