« 長い日を見終わる | トップページ | B級2組順位戦最終局 »

2011年3月 5日 (土)

第2回中央大学オープン

第2回中央大学オープンに参加。
これがうわさの司会かあ。なるほど、絶賛の意味がようやく分かりました。
以下は自分の戦跡。
・ペーパー
基本的には解きやすいよく練られた問題群であるが、なぜかいきなり、「亡くなったSlipKnoTのメンバー」を問う超エグい問題が…。スタッフの中にそういう趣味の人がいるのかなあ…。
しかし、結果は思ったほど伸びず40位台。かなり不満な成績。
・100人早押し
100人一斉の早押しをやるという前代未聞の企画。すごいなあ。
普通の問題ではなかなかボタンが付かず、どんどん残り勝ち抜け人数が減っていくなか、
なんか自分が「YO-KING」で出題したのと同じような問題文が聞こえて押してみる(単独押し)。
「ロバート・ジョンソン」を正解。まさか、普通のオープンで「ロバート・ジョンソン」が出題されるとは…。とりあえず、地蔵で終わらなくて良かった。
と思っていたら、残り5人くらいのところで、「埼玉県深谷市に本社を置く」といった問題文が飛んでくる、押す。自分のボタンが付いた。
歩いて数分で深谷市になるところに住む自分への差込くさい問題にびっくりしつつ「赤城乳業」を正解し、勝ちぬけに成功。
まさか、これだけの多人数早押しで自分が抜けられるとは…。
・コース別
知識派な人からスピードスターな面子まで集まっていて、自分が入り込む隙がなさそうな面子…。
そんな中でもなんとか、2○(「前田健太」「ウィンウィン」)を獲得するも、最後はみやまふぃあ君にやられて敗退。
そのあとの、敗者復活で、○×を勝ち抜いて早押しに進出するも、地蔵で終了。

それにしても、学生中心(だけ?)の大会でこのクオリティは凄いの一言ですね。いいものをみさせていただきました。

|

« 長い日を見終わる | トップページ | B級2組順位戦最終局 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193880/51574653

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回中央大学オープン:

« 長い日を見終わる | トップページ | B級2組順位戦最終局 »