« 最終対策会 | トップページ | 帰省そして睡眠 »

2011年4月30日 (土)

第11回勝抜杯

第11回勝抜杯に参加。

朝6時前に起床。
昨日あたりから体調がいまいちだったが、とりあえず頭はスッキリしていて悪くは無い。
ホテルで洋食を摂って、しばらくすると熱っぽさを感じるも、体温を測ると全然熱がなかったので、気にしないことにする。

ホテルを出て、荷物を預けようと飯田橋駅に行くが、ギリギリ入らない。仕方なく、水道橋駅で探そうとするが、全部埋まっている…。
というわけで仕方なく持ったまま会場に向かうことに。水道橋駅で合流したトリビア男君とともに。

行き方が分散したのか途上ではほとんど関係者は見かけず。会場前でくまこさんと鉢合わせし、ともに会場に入ろうとすると、ピウ君などがぞろぞろと。いつもの雰囲気に。

行列に並ぶ。荷物は結局預かってもらうことに。申し訳なし。

参加費を払うところで、ちょっともたつくも無事道標(と、解答用紙)を受け取り会場に。
バナクラ勢の後ろに陣取る。そうすると、私の隣に、冬虫夏草さん(!)とはんちょさんが。
午前11時少し過ぎたところで、かちぬけ君が登場し、第11回勝抜杯がスタート。
前回優勝者の、珈琲薔薇氏によるカップ返還ののち、ペーパーがスタート。

・ペーパー
いきなり分からない問題で躓く。
難しくなるとは聞いていたが、正直ここまでとは…。
動揺したのか、「LCC」がなかなか思い出せなくなったりして、もうパニック状態。
後半でなんとか、「川崎病」「コペルニクス」「夏至」といったあたりを捻り出すも、とにかく後半部分がまったくできていない。真っ青になりつつペーパー終了。

一通り問題集を買ってから、会場を出る。

近くのカレーショップでカレーを食べた後、まわりを散策。すると、東京都戦没者霊苑なるものがあり、無料とのことだったので見ることに。

やっぱり戦争は絶対にやってはいけないよ。

という思いを新たにし、会場に戻る。

本当はしないと決めていたが、結局自己採点を行う。24点と微妙な成績。この難易度であれば、通過するような気はするのだが…。

ペーパー結果発表。

なかなか名前が呼ばれない。
途中、「埼玉県 つ」と来たので自分かと思ったら、違う人だった。

これは、落ちたかな。と思っていたら、91位で名前を呼ばれる。とりあえず、予選落ちしなくてよかったとほっと胸をなでおろす。

・ローリング
この順位ではワンチャンスであるのは、間違いないだろう。
いかに、自分の取れる問題が飛んでくるか、運の面もかなりあるが、この順位であれば逆にチャンスはあるかも。と思いつつ、早押し席に着く。

このラウンドは、結構誤答が出てたような印象。
そんななか、「南極や北極で」といった問題が。
なんだろ、オーロラとか?と思っていると、「1日中日が沈まない」というセンテンスが飛び込んでくる。
押す。付いた。パラレルの読み方であることは分かった。落ち着いて、
「1日中日が沈まないのは、「白夜」だから、その反対…」と考えて、「極夜」と解答。正解。

これで、1ポイント取れた。間違えない限りもう1セットいける。しかし、もう1回りすると、1周目でローリングした強豪が入ってくる。出来ることならこのセットで決めたい。

と思っていると、
「ミュージシャンのトレイシー」というセンテンスが飛び込んでくる。
え?トレイシーというと、あの人が思い浮かぶけど、そしてほかには思い浮かばないなあ。

そして、この続きが読めたところでボタンを押す。付いた。

やや叫ぶような感じで答える。「チャップマン!!」

勝ち抜け~!!

これで、勝抜杯2度目の7○3×進出を決める。それにしても、よくこんなおあつらえ向きな問題が飛んでくるなあ。

7○3×で戦う組の決定。正直、どこに行ってもしんどいが、ひろせさんのいる組に。
qm21さんや、なんすけさんといった超強豪もいるが、どちらかがコケたらなんとかなるかなあと思いながら。

自分は7組目なので、6組目の開始時点で呼び出される。
控え室で6組目の様子を見守りながら、来るべき戦いに向けて気持ちを高める。

呼び出される段になって、各人と握手を交わしていざ、戦いの場へ。

ちょっと席順にとまどうも、無事席について、7○3×のスタート。

「フアネス、シャキーラ」思わず押す。しかし、どこの国だっけ?中南米は中南米だけど…。「メキシコ」ブー。正解はコロンビア。

ということで誤答スタート。しかし、それ以降、全然付かない。なんといっても、なんすけさんが凄まじく、まったく太刀打ち出来ない。あっという間に勝ち抜けていかれた。

残るは1人。Nさんは早い時点でトビ。ひろせさんも、らしくない誤答があって苦しい展開。
このあたりからボタンが付き出す。

途中ひろせさんが失格となり、qm21さんとの一騎打ち状態。
向こうはリーチ、こっちは5○1×。

次の問題。「チョウセンアサガオは何科?」というベタ問題だったが、何だったけかと逡巡しているうちにqm21さんに正解されて終了。

最後は情けない終わり方でしたが、自分としてはよくやったほうかなと思います。

この後の敗者復活は、すべて3択で討ち死にで終了。

最終的には、その敗者復活で復活した為季さんが優勝。いやあ凄かった。

結果的には満足ですが、課題は山積ですね。
知識の量はもちろんのこと、知識の引っ張り出し方が全然なっていない。(特にペーパー)

終了後は、飲み会。いろんな方とお話。とある方から深い話を聞くことが出来たのが収穫。

飲み会終了後は、電車で東京駅に移動。乗換えを間違えたり、出口を間違えたりして、予定時刻を多少過ぎたものの、なんとか今夜乗るバスにたどり着く。夜行バスで、伊賀上野に向かいます。

|

« 最終対策会 | トップページ | 帰省そして睡眠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193880/51576848

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回勝抜杯:

« 最終対策会 | トップページ | 帰省そして睡眠 »