« 永瀬快進撃 | トップページ | 問題作成 »

2011年7月16日 (土)

マイナビ一斉予選

マイナビ女子オープン一斉予選を見に行く。今回は少し遅れて到着時点では、午後の部1回戦の対局中であった。
以下雑感。

・いきなり、対局場で観戦する里見女流三冠と遭遇。
・解説場では深夜A時が解説していた。そして、広瀬王位のサイン会開催中。
・ほかには、先崎八段、瀬川四段も来場。
・清水船戸戦、室田中倉宏戦が長引く。最後まで残ったのは、室田中倉宏戦。中倉の勝利。
・決勝戦の予想をするが、今回は大外し。(7勝5敗)
・決勝戦。解説は、広瀬王位と横山五段。途中、石橋女流四段が入って3人になったり、横山五段が抜けて阿久津七段が入ったり。
・阿久津七段、会場で父親と遭遇。
・里見光速の勝利。
・鈴木、鎌村戦。鈴木の勝利に驚く解説陣。そして、鈴木の大独演会開催。
・長谷川アマ2年連続本戦出場の快挙。(でも、本戦のころには、女流3級になってる可能性もあるよね?)
・途中では(私の眼には)村田大優勢に見えた、村田伊藤戦が最後まで残る。なんとか勝ち切ったのは村田女流二段。
・くじ引きチャレンジは100円値引き券ゲットにとどまる。週刊将棋と「千駄ヶ谷市場」を購入。
・抽選会にも深夜A時登場。
・深夜氏が予選通過者を詠んだ川柳をプレゼントするも、時間がかかるため中断。
・深夜氏に子供の名前をばらされる千葉女流四段。
・抽選会で、18番という謎の番号を引く里見女流三冠。
・長谷川アマ、中澤アマのアマ同士の対局が実現。(でも、(以下略))
・鈴木女流初段、上田女王と対局したいと強く宣言。

記録部門
・チャレンジマッチ勝ち上がり組では、中澤アマ1人が本戦出場。
・チャレンジマッチ勝ち上がり組唯一のプロ野田澤女流1級は、1回戦勝利でチャレンジマッチ戻りを見事回避。
・チャレンジマッチ落ちのプロは、その野田澤に敗れた石高女流二段と、2年連続清水女流六段に敗れた船戸女流二段。
・チャレンジマッチ落ちリーチで回避は、千葉女流四段。
・2連敗でチャレンジマッチ落ちリーチとなったのは、室田女流初段、山田久美女流三段、久津女流初段(相川さんの扱いはどうなるのでしょう?)。
・山口女流初段が初の本戦入り。
・清水女流六段、中井女流六段が5年連続本戦入り。(今期シード以上では甲斐、上田、矢内、斎田も5年連続(女王在位も含む)。)
・中村真女流二段、連続本戦出場が4で途切れる。
・藤田女流初段はマイナビ予選5年連続1勝1敗の珍記録。

|

« 永瀬快進撃 | トップページ | 問題作成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193880/52372865

この記事へのトラックバック一覧です: マイナビ一斉予選:

« 永瀬快進撃 | トップページ | 問題作成 »