« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の36件の記事

2011年9月30日 (金)

世界の終わり

世界の終り「EARTH」を聴く。
京都行った際に聴いた、「J-AC TOP40」で流れてた曲がいい感じだったので聞いてみることに。
(こういう出会いが関西に行かないとないというのは…。関東のラジオにおける邦楽の取り上げ方の貧困さが目立つ。)

第一印象は、「世界の終り」をテーマにしたコンセプトアルバム。
7曲入りのミニアルバムだからこれでも良いけど、これ以外もこんなだったら少ししんどいかも。
とりあえずもう1枚聞いてみようとは思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放送終了

「WORLDWIDE 120」のJ-WAVEでの放送が終了。これで、J-WAVEを聴く機会が大幅減。というか、ほぼ無しになりそう。
少なくとも、録音してまで聞く番組はゼロになりました。

今後は、BBCのサイトでフォローアップしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

囲碁女流本因坊戦

昨日行われた囲碁の女流本因坊戦第1局謝依旻女流本因坊対向井千瑛四段の対局は、向井四段の勝ちとなりました。
前の女流名人戦でも向井四段が先勝しましたが、今度こそ念願の初タイトルなるか。

帰宅して、PCをつけた途端、PCから緊急地震速報のチャイムが。見ると、M7.8、埼玉での震度4とのこと。
急いでNHKをつけると緊急地震速報が発令されたところだった。
結果、こちらでは地震は感じず、M5.6とのことだった。でも、福島県浜通りでは、震度5強…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

マイナビ

マイナビ女子オープン。里見矢内戦という1回戦屈指の好カード。
結果は里見勝ち。2回戦で島井女流初段と加藤桃子奨励会1級との勝者との対局になります。
加藤1級が上がってくれば、里見の奨励会入会試験時以来の対局(この時は加藤勝ち)となり、話題となりそうです。
また、矢内女流四段は来期、初の予選登場となってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

ついに

王座戦第3局。渡辺竜王が2連勝で王座奪取に王手となっていた王座戦5番勝負。
第3局も渡辺竜王が勝って、初の王座獲得となりました。

羽生王座20連覇ならず、ついでに福崎前王座20連覇もならず(えー)。
そして、渡辺新王座は、竜王以外のタイトル初獲得となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メガネゲット

運よく、1日でレンズが到着し、新眼鏡をゲット。とりあえず一安心。かけ心地は良好。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

眼鏡眼鏡

眼鏡が崩壊。ツバの部分が剥離しかけている。2件ほど眼鏡屋を回った結果、新しい眼鏡を作ることに。到着は明日?明後日?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

京都→東京 そして企画

朝6時起床で、6時40分ごろの新幹線で東京へ。バナクラ例会に参加。というか自分が企画者。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

京都遊行

今日は1日観光デイ。
昼前までボンヤリしてから、出発。京都タワーにおのぼりさん。双眼鏡をのぞいて酔ってきたところで降りる。
土産屋で明日の商品とキーホルダーを購入してから、昼食(串カツ定食)。
宿で一休みして、今度は通りをひたすら歩いて二条城に向かうという暴挙。
午後4時前の入場ギリギリセーフで二条城に着いて、1時間ほどでひとまわり。
夕食は、ポルタで、京都ぽい(?)あっさりラーメンと白玉アズキ。そして、京都タワーでひとっ風呂。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

第11回太陽の季節杯

第11回太陽の季節杯に参加。
集合場所に向かっているとらいてうさんと遭遇。ともに集合場所へ。
伝説の方を携帯カメラに収めつつ、バスに揺られて会場へ。

・ペーパー
いつも通りの30問(+近似値)。しかし、今回は今までよりも解きやすい印象。とにかく取りこぼしだけは避けないとと思いつつ解答。
アンパンマンの丼トリオが思い出せなかったり(「~ドン」だったよなあと思いつつ)、ハナショウブ→アヤメ科を誤答するという三重県民にあるまじき行為をしたりしつつも、「浅田次郎」を「あさだしろう」と誤記しているのに気付いてリカバリーしたりしてまずまずの手ごたえで終了。
結果26点で5位。ぎりぎりでボーナス20ポイントゲット。これは大きい。

自分の早押しは午後からスタートなので、今日初の早押しは世界一周双六ゲーム。
今日の具合を確かめようと思ったが、体調(というか眠気)に不安を覚える。

・RED or BLACK
いままで正解してもディーラーに阻まれて下位抜けというパターンが多かったイメージだったが、今回はあっさり2抜け(錦帯橋とスタインベック)。
これはいい感じ。

・目黒記念
ペーパー順位により誤答時の休みにハンデがつく形式。自分は5休ともっともきついハンデ。
それにしても、5休組が、ナガマサ君と玄孫君て…。なんでOUQSで固まるのか。

いきなり「ヤウンデ」を「コートジボワール」と誤答し、5休。

休み明け後、「TAKE BACK」→「倖田來未」で1○。「昭和生まれ初の総理大臣」で、久しぶりに聴いたのでやや記憶曖昧ながらも「海部俊樹」を正解し2○。
最終問題の時点で、ポイント圏内は確定。正解すれば3位に入れるという状態に。
勝負で2人ほど誤答した後、「首都をティンプー」という確定ポイントで自分のボタンがつく。答えを反芻して確認した後「ブータン」と解答。正解で3位に乗せる。
この時点で、A決勝行けたんじゃないかなあという感触を得る。

・実力伯仲 2○2×
ペーパー順に振り分けられる。5位の私はもちろん最上位クラス。
1○1×で終了。(正解したのはコサージュ。)

予選総合9位でA決勝進出。

・決勝 7○3×
ひさびさのA決勝。が、押しても押してもランプが点滅しない。2番手は結構つくのに。
結局、ボタンをつける為だけの押しで2×をつけて終了。
不甲斐ないが、個人的にはそれほど調子は悪くなかっただけに単に実力不足か。
あと、高速スピード勝負になってしまって、どうしようも無かったというのも(言い訳)。

以下、よしなしごとを箇条書きにて。
・優勝盾がついに変更に。
・記者席
・進化するルー語
・決勝でのらいてうさんのフリーダムプレイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

京都

定時ダッシュで京都へゴー!しかし、京都での晩飯が牛丼屋というのはどうか…。
(せめて王将にしようかと思ったが、激混みにより回避。)
宿が京都タワー系列ということで、京都タワー展望台入場券が貰えた。明後日行ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

女流王座戦準決勝

女流王座戦の準決勝(=5番勝負進出決定戦)が行われました。
清水市代女流六段と、加藤桃子奨励会1級が勝って5番勝負進出となりました。
女流棋士以外の女流タイトル戦出場はもちろん初めて。5番勝負は来月スタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

連敗

王座戦第2局。渡辺竜王の勝ちで、羽生王座危うし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

Pin Ball Cup

Pin Ball Cupに参加。
何点か気になる点もあり、自分が思い切り被害者になる事態もありました。
大会としてはバラエティに富んでいてまずまずよかったかと思います。

精神的に居続けるのが苦しくなったので敗退時点で退場させていただきましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

YS-11参戦

YS-11に参加。
ペーパーは、思い出せそうでで思い出せない感じの問題を3問ほどなんとかひねり出す。
74→60でこれで落ちることはないとは思うが、アドバンテージのちょい下で残念(30位)。
2Rは、ペーパー下位の若手が早々に勝ち上がり、どうしようもなく敗退(1○1×)。
敗者復活も、1○積んだだけで終了。

問題は、最近問題集に載っている系がメインなのかな。やっぱり勉強しないと、なのかな。
(自分が間違えた春日八郎も、後で見直したら今年のabcに載ってたし。ちなみに、私は谷啓と誤答。本名の名字が同じでした…。)

これでも、問題集の勉強をやり始めたところではあるのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

女流王将戦

女流王将戦挑戦者決定戦は、石橋女流四段が中村真女流二段に勝利し、挑戦権獲得となりました。
里見石橋の顔合わせは、タイトル戦では初めて。
印象深いのは、第3期マイナビ女子オープンの予選1回戦で当たり、タイトルホルダー同士(当時)が初戦であたったこと(この時は、石橋勝ち)。

両者の対戦成績を調べてみると、里見3勝、石橋2勝と拮抗。最新の今年2月の女流王位戦挑決リーグでは里見勝ちとなっています。

女流王将に、元女流王将が挑む3番勝負。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動日

大阪に移動。夕食はホテル近くのラーメン屋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

げんなり

感情の起伏が激しい金曜日。
一時的にクイズへの意欲を著しく損なう。
翌日のクイズもキャンセル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

大丈夫そう

冷却ファンはうまく動作している模様。これで突然の強制終了も防げそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

暴走

私物のPCが熱暴走でよく電源ダウンするので、ノートPC冷却用のファンを購入。
これで大丈夫かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

80

王位戦第7局は、羽生二冠の勝ち。これで5年ぶりの王位復位となりました。

また、羽生三冠は、これによりタイトル獲得80期となり、大山十五世名人の歴代1位記録に並びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

王位戦竜王戦マイナビ

王位戦は最終第7局。広瀬王位が初防衛なるか、羽生二冠が王位奪取なるか。決着は明日!

竜王戦挑決第3局は、丸山九段が勝って、渡辺竜王への挑戦権を獲得しました。1組優勝からの初の竜王挑戦となります。

マイナビ女子オープンは、清水石橋戦。石橋が攻めたてるも、清水玉は捕まらず入玉してしまい、清水勝ち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

早押王新人王リハーサル

早押王/新人王リハに参加。午後10時前までみっちりと。

今日の収穫:オリセンの食堂が良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれから、半年。そして10年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

アラカルト

・マイナビ女子オープン本戦トーナメント。アマ同士の対局として話題となった、長谷川アマ対中澤アマの対局が行われました。
結果は、年長者長谷川アマの勝利。2回戦で、甲斐女流王位と鈴木女流初段の勝者と対局となります。
てか、長谷川さん早く女流プロになってください。

・奨励会三段リーグ最終戦が行われました。
結果、高見泰地三段と、藤森哲也三段が10月1日付で四段昇段となりました。
詳細は分かりませんが、見る限り上位陣がかなり崩れた模様。

なお、藤森新四段は、藤森奈津子女流四段の息子さんですね。
史上初の、母・息子棋士となります。

父・息子棋士はそれなりにいます(現役では西川親子)。父・娘棋士は、伊藤果・明日香の1組。あとは、母・娘棋士ですか。
今のところ可能性がありそうなのは、高群さんとこですかねえ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新サークル第2回

関東新サークルの第2回例会に参加。
ペーパーは、ham帽さんに次ぐ2位と好成績(2問ほど2択を外しましたが…)。
早押しの方も、人数が前回ほどでないせいか、Stepsでも3連続勝ち抜けで、メジャー扱いに。

ただ、n問クイズとジャンル別は振るわず…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

なんだこりゃ

これからしばらく週末は休みなくクイズです(わらい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

ようわからん

木曜日の朝早起き(意味なし)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

王座戦、マイナビ

20連覇(!)を目指す羽生王座に渡辺竜王が挑戦する王座戦が開幕。
第1局は、渡辺竜王優勢といわれつつ、羽生王座が決め手を与えない終盤戦であったが、最終的には竜王が勝ち切り先勝。
まずは、羽生王座の王座戦20連勝(!)を阻止しました。
この勢いで20連覇阻止なるか。

一方、上田初美女王への挑戦権を争うマイナビ女子オープン本戦トーナメントも開幕。
開幕局は、中井女流六段対貞升女流1級。両者居飛車党ということで、相居飛車。後手の貞升女流1級の一手損角換わりとなりました。
途中、貞升女流1級の2二角と打つ手が良くなかったらしく、中井女流六段ペースに。そのまま押し切って、中井勝ちとなりました。

次局は、今週土曜日に長谷川アマ対中澤アマのアマ同士の対局。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京事変、ねごと

東京事変の「大発見」と、ねごとの「Re Negoto」を聴く。

東京事変は、いままでは今一つ突き抜けられていないイメージがあったのですが、今作は何となく突き抜けているイメージ。
これまでの東京事変のアルバムのなかでは、一番良かったのではないでしょうか。

ねごとは、「ループ」「メルシールー」あたりが結構気に入ったので聴くことに。
正統派ガールズロックで、まさにチャットモンチーの流れを受けたバンドというイメージだったのですが、それに違うことない出来。
なかなか良いのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

倉敷藤花準決勝

倉敷藤花戦は、昨日準決勝の2局が行われました。
清水市代女流六段対石橋幸緒女流四段の、今期絶好調同士&師弟対決は、師匠の清水女流六段の勝ち。
上田初美女王対室谷由紀女流初段の対局は、室谷女流初段の勝ち(!)となりました。

室谷さんは、もちろん初の挑決進出となり、挑決に勝てば、初のタイトル挑戦で女流二段に昇段します。

こうなれば里見室谷のタイトル戦が見てみたいですが、さすがに清水さんがそれを簡単に許すとは思えないところ。
注目の挑戦者決定戦は、…いつ?

★データ
・今期の倉敷藤花での勝ち上がり(両者とも1回戦はシード)
清水女流六段(2回戦で中村真梨花女流二段、3回戦で貞升南女流1級、4回戦で井道千尋女流初段、準決勝で石橋幸緒女流四段に勝利し、挑戦者決定戦進出。)
室谷女流初段(2回戦で鹿野圭生女流二段、3回戦で室田伊緒女流初段、4回戦で村田智穂女流二段、準決勝で上田初美女王に勝利し、挑戦者決定戦進出。)
・両者の対局はこれまでには無く、今度の挑戦者決定戦が初手合い。

・今期の両者の成績(女流棋戦のみ)
清水女流六段 20勝3敗(勝率.870)(※3敗は、いずれも女流王位戦の対甲斐女流王位戦によるもの)
室谷女流初段 12勝5敗(勝率.706)(※5敗の相手は、それぞれ上田女王、甲斐女流王位、藤田女流初段、山口女流初段、室田女流初段)

・両者の他棋戦戦況
清水女流六段
女流王座:準決勝進出、マイナビ:本戦進出、女流名人位:A級6勝0敗で1位、女流王将:準決勝進出
室谷女流初段
女流王座:二次予選敗退、マイナビ:予選1回戦敗退、女流名人位:B級4勝2敗で2位、女流王将:本戦1回戦敗退

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

動物園

最近、mixiの、対戦版「ZOO KEEPER」にはまっている。
家にいる間は、ずっと「これ」状態になってる。
まずいなあと思いつつ、今日もやりこみ中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

東京JAZZ

・家で「東京JAZZ2011」のNHK-FMでの放送を聴取。
来年こそは、東京国際フォーラムの中で鑑賞したいものです。

・NHKのラジオサイマル放送。「らじる★らじる」が放送開始。
これは便利だ。最近、聴く機会がなくなっていた番組(「ザソウルミュージック」「ワールドロックナウ」「世界の快適音楽セレクション」「ジャズトゥナイト」「セッション2011」あたり)とよりを戻すチャンスか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

達人戦決勝

第19回達人戦決勝。葉書が来たので、初めて行ってみることに。

最寄りの有楽町駅に到着。
ちょうど「東京JAZZ」開催中ということで、会場に行くまでの間は、野外ステージでのライブをすこし鑑賞。

その後、有楽町マリオン内の会場に。

トッププロ同士の対局を堪能。森九段の解説によると、終始羽生二冠が良かったように聞こえたが、実際にはそうでもなさそう。

司会者に促されて、感想戦を打ち切られた時に、もっと続けたそうにしていた両対局者が印象的でした。

・余談
対局終了時点で、ふと客席の後ろを振り返ると、勝又六段の姿が。さらに、勝又六段は終了後の売店の売り子まで担当されていました。
さらに、その隣には、聞き手の上田女王と、読み上げの安食女流初段がファンと談笑。
さらにさらに、「週刊将棋ステーション」でおなじみの山田史生氏とすれ違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

アルバム

矢井田瞳→SUM41の流れは自分でもどうかと思う。
ヤイコのニューアルバムは、出産後初アルバムであったが、流石の安定感といった印象。
SUM41のは、ベストアルバム。これも彼らの曲かあと思ったのも何曲か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

引退

関根紀代子女流五段引退の報が。
最近では、マイナビ女子オープン本戦出場などが印象に残っています。
お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »