« 京都 | トップページ | 京都遊行 »

2011年9月23日 (金)

第11回太陽の季節杯

第11回太陽の季節杯に参加。
集合場所に向かっているとらいてうさんと遭遇。ともに集合場所へ。
伝説の方を携帯カメラに収めつつ、バスに揺られて会場へ。

・ペーパー
いつも通りの30問(+近似値)。しかし、今回は今までよりも解きやすい印象。とにかく取りこぼしだけは避けないとと思いつつ解答。
アンパンマンの丼トリオが思い出せなかったり(「~ドン」だったよなあと思いつつ)、ハナショウブ→アヤメ科を誤答するという三重県民にあるまじき行為をしたりしつつも、「浅田次郎」を「あさだしろう」と誤記しているのに気付いてリカバリーしたりしてまずまずの手ごたえで終了。
結果26点で5位。ぎりぎりでボーナス20ポイントゲット。これは大きい。

自分の早押しは午後からスタートなので、今日初の早押しは世界一周双六ゲーム。
今日の具合を確かめようと思ったが、体調(というか眠気)に不安を覚える。

・RED or BLACK
いままで正解してもディーラーに阻まれて下位抜けというパターンが多かったイメージだったが、今回はあっさり2抜け(錦帯橋とスタインベック)。
これはいい感じ。

・目黒記念
ペーパー順位により誤答時の休みにハンデがつく形式。自分は5休ともっともきついハンデ。
それにしても、5休組が、ナガマサ君と玄孫君て…。なんでOUQSで固まるのか。

いきなり「ヤウンデ」を「コートジボワール」と誤答し、5休。

休み明け後、「TAKE BACK」→「倖田來未」で1○。「昭和生まれ初の総理大臣」で、久しぶりに聴いたのでやや記憶曖昧ながらも「海部俊樹」を正解し2○。
最終問題の時点で、ポイント圏内は確定。正解すれば3位に入れるという状態に。
勝負で2人ほど誤答した後、「首都をティンプー」という確定ポイントで自分のボタンがつく。答えを反芻して確認した後「ブータン」と解答。正解で3位に乗せる。
この時点で、A決勝行けたんじゃないかなあという感触を得る。

・実力伯仲 2○2×
ペーパー順に振り分けられる。5位の私はもちろん最上位クラス。
1○1×で終了。(正解したのはコサージュ。)

予選総合9位でA決勝進出。

・決勝 7○3×
ひさびさのA決勝。が、押しても押してもランプが点滅しない。2番手は結構つくのに。
結局、ボタンをつける為だけの押しで2×をつけて終了。
不甲斐ないが、個人的にはそれほど調子は悪くなかっただけに単に実力不足か。
あと、高速スピード勝負になってしまって、どうしようも無かったというのも(言い訳)。

以下、よしなしごとを箇条書きにて。
・優勝盾がついに変更に。
・記者席
・進化するルー語
・決勝でのらいてうさんのフリーダムプレイ

|

« 京都 | トップページ | 京都遊行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193880/53604420

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回太陽の季節杯:

« 京都 | トップページ | 京都遊行 »