« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の38件の記事

2011年10月31日 (月)

やれやれ

10月も今日で終わり。今年もあと2か月かあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

R-STU

R-STUに参加。
詳細には書けないので略。

「早押王」の時と一緒で、トップレベルには歯が立たないなあ。でも、それなりにやれるようになってきたかな。という感覚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

加古川、マイナビ

まずは、加古川青流戦。第1局は落とした船江四段だったが、第2局、第3局と連勝で逆転優勝。
初代優勝者が地元加古川市出身者となるという、劇的な幕切れとなりました。

そして、マイナビ女子オープン。甲斐長谷川戦。長谷川女流2級は、これがプロとしては初対局。いきなりタイトルホルダーとの対戦。
これが大混戦となり、持将棋模様に。点数で長谷川女流2級が勝ちそうだったが、飛車を捕獲されてしまい、持将棋引き分けに。

時間をおいて、指し直し局。どうも、甲斐女流王位が変調で長谷川女流2級が優勢に。
そのまま最後まで押し切って、長谷川2級の勝ちとなりました。

これで、マイナビベスト4進出により、女流初段への昇段が決定。
プロデビュー戦で、持将棋・タイトルホルダーに勝利・女流1級を飛ばして2階級特進というすごい記録が達成されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

ずーきーぱー

mixiの「対戦ZOO KEEPER」。マウス変えてレーティング大幅アップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

フリクラ脱出!

一昨日昨日と行われた竜王戦第2局は渡辺竜王の勝ちで2連勝。竜王8連覇に向けて視界良好か。

将棋ファンにとっては、それよりも重要な対局が昨日行われました。

竜王戦6組昇級者決定戦決勝、大野八一雄七段対伊藤真吾四段。
これに勝つと5組昇級が決まりますが、伊藤四段にとってはさらに重要な1局となっています。
伊藤四段は、奨励会三段リーグで次点を2回取ったことにより、フリークラスの四段としてプロデビューしており、
10年以内に規定の成績を収めないと強制引退となってしまいます。
そして、伊藤四段はこの対局に勝てば、既定の成績を収めフリークラス脱出(順位戦C級2組に昇級)となります。

本局はネット中継はありませんでしたが、伊藤四段は、対局終了後にTwitterで結果(勝利)を呟くことでお馴染み。
ということで、Twitterに注目だったわけですが、日付も変わろうとする頃、「勝ちました」の呟きが!
これにより、竜王戦5組昇級と同時に、フリークラス突破、来期からの順位戦C級2組参加が決定しました!
おめでとうございます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

もうやだ

大失態発覚。落ち込んで帰宅後はひたすらたむらぱんを聴きまくる。
(ブタベスト→ノウニウノウン→ナクナイ→しんぱい(最新シングル))
しんぱいとWARAW(しんぱいのC/W)は、ライブアレンジのほうが良いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

状況

棋戦ステータス。
・竜王戦
渡辺、丸山の7番勝負は渡辺竜王が先勝。第2局は、今日から2日間にわたって行われている。
・順位戦
A級は、羽生二冠、谷川九段が4連勝で、渡辺竜王が3勝1敗で追う。丸山九段と久保二冠が4連敗と振るわない。
B級1組は大混戦。行方八段と山崎七段が5勝2敗でトップ。
B級2組は広瀬七段が1人全勝。4勝1敗で島九段、畠山成七段、森下九段が追う。
C級1組は大平五段が4勝0敗で、真田七段、千葉六段が4勝1敗。
C級2組は阿部健四段、中村太五段、船江四段が5連勝。勝又六段、澤田四段ら8人が4勝1敗で続く。
・王位戦
予選進行中。
・王座戦
一次予選進行中。
・棋王戦
挑決トーナメント進行中。郷田九段と中川八段がベスト4進出。
残る2枠は、広瀬七段と三浦八段の勝者と、木村八段と糸谷五段の勝者。
・王将戦
挑決リーグ進行中。豊島六段と佐藤康九段が3連勝。次局が両者の全勝対決。
・棋聖戦
二次予選進行中。
・朝日杯
今週、二次予選が開幕する。
・日本シリーズ
準決勝、渡辺郷田戦が今週末行われる。
・新人王
第42期は佐藤天六段が2度目の新人王に決定。そして、今日第43期開幕。
・加古川青流戦
決勝3番勝負が今週行われる。船江四段対宮本三段。
・銀河戦
本戦トーナメント開幕。
・NHK杯
2回戦進行中。
・女流王座戦
5番章第1局が行われ加藤1級の先勝。
・マイナビ女子オープン
本戦1回戦が終了。
2回戦進出者は、清水女流六段、中井女流六段、加藤1級、里見女流三冠、斎田女流五段、山口女流初段、長谷川女流2級、甲斐女流王位の8人。
2回戦第1局の甲斐長谷川戦は今週末行われる。
・女流名人位戦
清水女流六段の挑戦が確定。
A級は、8回戦進行中。矢内女流四段が2位確定だが、それ以下の残留争いが熾烈。
B級は、8回戦まで終了。石橋女流四段の1位が確定。本田女流二段、室田女流初段、室谷女流初段から2人が昇級(残る1人が残留)。
直接対決となった竹部女流三段対渡辺女流1級の勝者が残留となる。
・女流王位戦
予選進行中。石橋女流四段がリーグ即復帰を決めている。
残る予選決勝は、安食女流初段対本田女流二段、松尾女流初段対鈴木女流初段、植村女流三段対室田女流初段、斎田女流五段対山口女流初段、中村真女流二段対井道女流初段。
・女流王将戦
里見石橋の3番勝負は、里見女流王将の2連勝で初防衛が決定。
・倉敷藤花
里見清水の3番勝負開幕待ち。
・女流最強戦
11月開幕。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

新人王戦決着

新人王戦第3局は、佐藤天六段の勝ち。2度目の新人王獲得となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想定外

今日は年休取得日。
いろいろと着荷。しかし、想定外の問題発生。いまどきのPCでそんなのありかよと思いつつ、確認しなかった自分が悪い…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

銀河戦 女流

銀河戦、滝甲斐戦。相穴熊から甲斐さんが攻めて快勝。
ちなみに、上田吉田戦は、同じく相穴熊で上田さんが健闘するも、吉田四段の勝ち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PBトークイベント

例会を途中で抜けて、新宿タワレコへ。
「ピーター・バラカン音楽日記」出版記念のトーク(DJ)・サイン会に参加。

そのあと、洋楽フロアで気になっていて買っていなかったものやら何やら、主流系中心に10枚の大量購入。
(Bjork、Avril Lavigne、レッチリ、Colbie Cailat、LADY GAGA、RIHANNA、SUPER HEAVY…)
それが終わって、ふと9Fに上がってみると、まだサイン会をやっていた。大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バナクラ10月例会

バナクラ例会に参加。
朝バナペーパー。「オルフェー『ブ』ル」で1点落として、トップタイ(46点)。これ以外は変な取りこぼしは無かったので、まずまずの出来。
7○3×は3抜け。定位置。

企画はすいとーさん。独特のペーパー、早押しに四苦八苦。
自分はバナクラの主流傾向からかけ離れているのでこうなると苦しい。
後の予定のため、午後2時頃に早退。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

女流王座戦第1局

女流王座戦第1局。現地に行こうかとも思ったが、雨だったり、家でやりたいことも大量にあるので、自宅でニコ生観戦。
解説は真田圭一七段。非常にわかりやすい解説で楽しめました。サブウェイて(笑)。
対局のほうは、女流では珍しい相掛かり。終盤で清水女流六段に悪手が出て加藤1級の先勝となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

やってもた

大失態。怒りをコントロールしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

問題

関東新サークル次回企画をやることになったので、それ用の問題を起票中。
本当は、前のバナクラ企画のやつを使いまわそうと思ったが、うっかり前回のフリバで読んでしまったので。
まあ、出題したいネタはたくさんあるのですが、難易度バランスを考えるとそればっかりでは駄目なわけで、なかなか大変なところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

疲れてるらしい

起きたら…。最近こういうの増えてて自分が嫌になる。
とあるゲームのデータが消えていて大ショック。またやり直しや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

マイナビ 斎田千葉戦

マイナビ女子オープン本戦1回戦、斎田千葉戦は斎田の勝ち。
斎田さんはマイナビと相性が良い印象。
これで1回戦がすべて終了し、ベスト8が出そろいました。

2回戦の組み合わせは以下の通り。
清水市代女流六段 対 中井広恵女流六段
加藤桃子1級 対 里見香奈女流三冠
斎田晴子女流五段 対 山口恵梨子女流初段
長谷川優貴女流2級 対 甲斐智美女流王位

清水中井の2トップ対決、加藤里見の奨励会対決、ベテラン対若手の振り飛車党対決、長谷川プロ初戦はタイトルホルダーに挑戦と、興味深い対決が揃っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

疲労

しんどいくまー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

新サークル第3回例会

関東新サークル第3回例会に参加。

n問クイズ、テーマ別はいつも通りの低空飛行。
ペーパーは、まったく分からず、分かりそうなものも見逃して下位に沈む。
Stepsは、4セット制になり、最初の3セットは3~4抜けと安定するも、最後で抜けられず、3Aスタート。3Aで抜けられず終戦。
ham帽さん企画(という名のノダシュー氏企画)。最後の時事3問3連答。
藤井さん企画。タイムアタックは、橙武者さんに大きく離されての2位(部屋内)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

眠る

5時過ぎに一旦目が覚め、二度寝したら、起きたら9時前。
こんな遅い目覚めいつ振りだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

歓迎会

会社の新人歓迎会。
新人王さんの歓迎会。

新人、王さんの歓迎会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

落差

「BARAKAN MORNING」のあとに、aikoのヌルコムを聴いてしまって、あまりの落差に頭がクラクラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

習慣

1日1CDをなんとか復活させたい。
今日の1枚「独立大通り」/Toumani Diabate
コラ一色といった感じではなかった。個人的にはそういうのが聴きたいが、これもなかなか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

BBC

BBCのGilles Petersonの番組。ギリギリセーフ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新人王戦第2局

新人王戦第2局。佐藤天六段の勝ち。これで、1勝1敗のタイとなり、勝負は最終局に持ち越しとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

WQC予選会

ワールドクイズクラシック予選に参加。
朝。昨日仕掛けた目覚ましが鳴る。さすがに早すぎる&疲労度満載なので二度寝。
再び目覚めると午前8時。朝一の回だったら100%不参加でしたね。
しかし、その時点でも疲労度が極限に達しており、家でF1日本GP見てた方がいいのではという考えが頭をもたげる。
結局参加することにしましたが、駅に向かう途中で倦怠感に襲われ、直帰しようかとも思いましたが、なんとか持ち直して電車でGO。

12時集合のところ、11時50分過ぎに到着。すでに、長い行列が形成されていました。

同組で、マイミクで見かけたのは、マンサイさん、かにゃこさん、AT君(隣の席だった)、L.マテウスさん、オペラオ君、期待値さん、松君、さんきちさん、hiro-yukiさん(とそのあとマイミクになっていただいたにゃーさん)。
他にも、davideさん、slasherさん、Cateauさん、Yさんなどなど強豪がぞろぞろと。

受付の後、ずいぶん待たされた後、会場となるBスタジオ(?)へ。
指定された座席に座る。座席表に、○印がついているのがタレント枠らしい。
矢部太郎らしき人がいるなあと思ったら、どうやら本人だった模様。あとは、女性タレントらしき人が2人(1人は木村美紀らしい。名前は知っているが…)。
インタビューしているTBS女子アナらしき人もまったく分からんし、民放キー局見なくなって久しいだけのことはあるなあ。

閑話休題。
予選は筆記クイズと面接の2段階。筆記クイズ通過者のみが面接に参加できる。
筆記は、100問の3択クイズを15分で解くというもの。書き直しは不可。あと、問題用紙への書き込みも不可(これはどんな意味があったんだろう?)。

問題は、ジャンルごとにまとめて出題。1~20問は文学歴史…といった具合。
奇を衒ったものはなく、スタンダードな問題群だが、取れそうで取れない感触。
落としてはいけ無さそうなものも、分からなかったりで手応えはほぼ無し。

ペーパー終了後、結果発表までの間、第1回史上最強のクイズ王決定戦のVTRが全編流される。
問題自体は本で読んでいるものだが、映像では初めて見る。比較的牧歌的だなあという印象。

終了後、結果発表。やはり予選落ち。ペーパー上位者+女性枠+タレントが通過といった感じ。
(他にもエントリーシート枠があったようだが、通過者を把握しきれなかったのでよく分からん。)

解放され、外に出ると、15時集合枠に参加するであろう、ピウ君、島朗君、しゅえ君といった面々が。

赤坂ラーメンでつけ麺を食して帰宅。
まあ、行って良かったかなとは思いました。

本戦は、11月6日とのこと。観覧希望出しておいたので、もし呼んでもらえるようであれば見に行こうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

CD買いまくり

早押王終了後、新宿のタワレコへ。
目的は、Tinariwenの最新アルバム「タッシリ」の入手。
ということで、ワールドミュージック/ジャズフロアへ。(Bjorkのニューアルバムにも惹かれたが、ここで買わなくてもということで今回はスルー)。

すると、10月23日にピーター・バラカン氏がトークショーを行うとの告知が目に飛び込む。
ということで「ピーター・バラカンの音楽日記」を手に取る。
さらに、正面にディスプレイされていた、Tony Bennettの最新デュエットアルバムがほしかったことを思い出し、ゲット。
そして、お目当てのTinariwenのところへ。私が知らない旧作2作があったのでそちらをゲット。新作のほうはなかなか見つからなかったが、なんとか発見。
他には、買おうと思っていて忘れていた、「JAZZ FOR JAPAN」と、目についたGil Scott Heronのベスト盤を購入。
しめて、1万5千円強。久々のCDでの大散財であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回東日本早押王/新人王

第4回東日本早押王に参加(及び第4回東日本新人王にスタッフ参加)。

午前5時半に目覚ましをかける。目覚ましで目を覚ますが、気が付いたら午前6時。二度寝していた模様。
7時前の電車に乗る予定だったのでセーフであったが、危ないところだった。
準備しておいたご飯で朝食。水少なくてややパサパサだった…。余ったご飯で昼食用のおにぎりをこさえて、出発。

集合時間15分前くらいに、会場着。既に、ほとんどの兼任スタッフの方が到着されている様子。

午前9時、朝礼開始。ひととおりの注意事項の後、各部屋にて準備。
自分はA部屋ということで、yohei君、QTUさん、かずすけ君、abcチャンプ、taxi君といったメンバーと同部屋。
一通り準備作業を終え、新人王開始に備える。
新人王4セットをこなした後、自分の出番、早押王がスタート。すでにこの時点で疲労が。
昼食を食べ(おにぎりの塩がすくなかった…)、眠くなりそうだったのでコカコーラZEROを飲んで目覚まし。
第1セットに臨む。

・第1セット
抽選で、トリビア男君やてくたみんさんなどがスタッフのB部屋に。
ざっと参加者を見回すと、島朗君、、かにゃこさん、久栗さん、dobbyさnといった面々。
島君があっという間に1抜け。自分もそれなりに答える。思ったよりはボタンが付く印象。
結果、60問を読み切り、5○1×で終了。4○の久栗さんと4位タイとなり、プレーオフ。
1問目、「島」とついているが、今は島ではないといった前フリの後、「大隅半島」というキーワードに反応。自分のランプが付いた。
「桜島!」
これで4抜けゲット。今回の目標が、第4セット以外で1勝することだったので、まずは目標達成となった。

・第2セット
1勝部屋ということで、再びB部屋に。えげつない面子に笑うしかない状況。
Cateauさん、島君、nokkyunさん、マンサイさん、橙武者さん…。
結局、1回もボタンが点灯することなく終了。マイナスポイントの方がいたため、最下位は免れるも。家賃高いなあという印象。

・第3セット
場所移動。C部屋へ。
dobbyさん、yuriさん、ひろせさん、davideさん、I部君、M舘さん、S口(奥様)さんといったメンバー。2勝組が居ないにもかかわらず厳しいメンバー。

S口さんの押しが非常に鋭く1抜け。
自分は、「アルバム『BACK TO BLACK』/」 → 「Amy Winehouse」などで応酬するも、
「トライアスロンの3つの種目のうち、アクア/スロン」 → の「アクア」の部分が良く聞こえずに、「スイム」と誤答(正解は「バイク」)したのと、「カナダにある3つの準州とは/」で、ヌナブト準州と答え、3択を外し(正解はユーコン準州)、2○2×で終了。

・第4セット
E部屋に移動。F津さんらがスタッフ(てか、F津さんが新人王枠だったとは…)。

ここでは、「ガラスの」(佐野元春の「ジェネレーション」/。恐らくそのあとは、光GENJIの「十代」と続くものと推測)、「ミッフィー」「関西棋院」「プリッツカー賞」を正解し、4○0×で終了。
またもや4位タイとなり、T山さん、W本君と3人でのプレーオフに。

1問目、いまいち確信が持てずスルー。押せば正解だった…。
2問目、ウクレレの弦の数を問う問題で、T山さんが誤答。
3問目、開始時点での順位により、自分は相手に正解されない限りは勝利となる。
問題は、「キーボードの「NUMキー」のNUMは何の略か?」というもの。Numberでは無くて、なんだったけ?と思いだせず。
W本君が押しに行って、「Number」と解答。誤答で、私が勝ち。しかし、相手が誤答した瞬間に正解の「Numeric」を思い出す…。何にせよ、2勝目である。

・最終予選(アタック25分)
12人からたった1人が勝ち抜け。自分の部屋はD部屋だったが、最初間違ってB部屋に行ってしまう。失礼!
改めて、D部屋に行くと、面子は、ヤマハン君、I部君、TSUBAMEさん、ロンオブ君といった感じで、流石に厳しい…。
とりあえず、スタート。
・第1セット
「アラレとヒョウの境目」→「5(mm)」で初日。このメンバーでこんなベタ問が押せるとはとやや吃驚しつつ、これは少しはやれるかもと思い直す。
以降、今一、聞き取りが上手くいかなかったが、「多角形の外角の和」を聞いているらしい問題を押して、「360度」で正解。
「琵琶湖名物の鮒寿司」で、あやふや知識ながらも「ニゴロブナ」を正解。
「全仏オープン女子シングルスで優勝し、アジア人/」でボタンがついて「李ナ」を正解。
「将棋で成ると金と同じ働き/」で、駒は思い浮かべつつ、やや混乱しながらも「4種類」を正解し、終了。
I部がトップで、自分がそれに続く2位となる。手数が多かったように思ったヤマハン君が誤答がやや響いた模様。TSUBAMEさんも既に2×とやや厳しい出だし。

・第2セット
「野田内閣の官房長官」。押した瞬間は思い出せていなかったが、流石に思い出せるだろうとボタンをつけ、「藤村修」を正解。
以降、「ボトックス」→「ボツリヌス菌」、「11月に行われる『深呼吸する/~』」で、確か最終公演が11月開始だったよなあという井記憶を基に「第三舞台」を正解、「オーシャンの語源」→「オケアノス」、「静岡県御前崎市にある~/」→「浜岡原子力発電所」、「『いずみ』市は、2つあるが、射水市/」で、確か北陸のほうだよなあ、石川県ではなかったし、という感じで「富山県」を正解し、終了。
相変わらず、I部君トップ、自分2位の状況。最終セット次第ではあるいはという展開。ここで、TSUBAMEさんは5×をつけて脱落。

第3セットにかける。

・第3セット
途中までまったくボタンがつかない。しかし、周りもそれほど点数を伸ばせていない模様。
「トルコ語で『新しい~』」と来たので、あれだろうと押しに行く。「兵士」と聞こえ、確信。「イェニチェリ」を正解。
以降、「イギリスのどこそこにあるシェークスピア/」で「グローブ座」、「雪うさぎの目」→「ナンテン」、「現在、ラグビーワールドカップ/」→「ニュージーランド」を正解と、ラッシュをかけることに成功。
I部君を抜いてトップになって終了。
なんと吃驚の部屋代表となりプレーオフ進出することに。

・決勝ラウンド(プレーオフ)
流石に厳しいだろう。なんとか1回ボタン付けたいなあと思っていたら、
「アレキサンダー・フレミング」→「ペニシリン」というドベタに押し勝つことに成功。
周りの誤答もあり、それなりに生き残るも、最後は敗退。

前にも書きましたが、当初は「4ラウンド以外で1勝する」が目標だったので、望外の好成績。
(本当に、前2回は、4ラウンドでの1勝のみだったんですよね…。)

勉強はするもんですよ。本当に。あと、時事が着実に得点源となったのも大きい。今まで、時事メルマガを続けてきて今一、成果が出ていなかったが、ここで成果が出たなあという印象。
しかし、トップレベルは遥か彼方であることも認識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

女流王将戦第1局

女流王将戦第1局は、里見女流王将が勝った模様。
これで、初防衛まであと1勝となりました。
あと1期タイトル獲得で女流五段昇段となる里見三冠。
林葉直子っていつ女流五段に昇段したんだろう?それによっては、史上最年少記録になりそうです。
(少なくとも、清水、中井は20代になってからなので。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見聞

1日、録音、録画物の処理に費やす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

新女流

とりあげるのを忘れていましたが、10月1日付で新女流誕生です。
長谷川優貴女流2級と、相川春香女流3級です。

長谷川女流2級は、9月最後の研修会例会でC1に昇級。10月にぎりぎり間に合いました。
そして、マイナビ本戦出場で、女流3級→女流2級の条件を満たしたとして、一足飛びに女流2級(つまり正式女流)となりました。

相川女流3級は、2年間で規定の成績を残さないと、研修会に逆戻りとなってしまいます。
過去2回のマイナビでアマ選手として予選に登場しましたが、いずれも1回戦敗退となっており、今後の奮起が期待されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3連休

今度の3連休は、なんといっても山場は、早押王/新人王の兼任スタッフ。
ハードな1日になりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

マイナビ 島井加藤戦

マイナビ女子オープン本戦。本日は、島井咲緒里女流初段対加藤桃子奨励会1級の対局です。
加藤1級は、このほど女流王座戦で5番勝負出場が決定し、話題となりました。
島井女流初段は、先日、横山泰明五段との結婚が発表され、話題となりました。そして、この対局に勝てば、女流二段昇段となります。

さらに、勝った方は、2回戦で里見女流三冠との対局となります。
島井女流初段(女流二段)が勝てば、森けい二九段門下の同門対決。加藤1級が勝てば、奨励会同級対決、かつ、里見の奨励会入会試験以来の対局(その時は、加藤勝ち)と、何気に話題豊富なこの対局。

結果は、中盤までは互角かやや島井良しに見えたが、終盤力の差か、最後は加藤1級圧勝となりました。

これで、里見加藤の奨励会対決が公式戦で見られることになり、かなり楽しみ。
姉弟子の仇を取れるか?

次回対局は、昨日結婚を発表した村田智穂女流二段と、山口恵梨子女流初段との対局です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

新人王

新人王戦は、佐藤天彦六段対豊島将之六段というラストイヤー同士の対局となりました。
佐藤天六段は、タイトル挑決進出、豊島六段は、タイトル挑戦と、いずれも実績は十分。
佐藤天六段は、新人王戦2度目の優勝を目指します。

第1局は、本日行われ、豊島六段の先勝となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

改編

今更ながら10月改編。
InterFMは、FIVE STARSが終了。でも、一部番組は箱番組として残留。それ以外は大きな改編は無し。日曜深夜に怪しげな番組が…。
J-WAVEは、クリス智子産休につきCURIOUSが終了。あと、WORLDWIDE 120が終了(泣)。これで、J-WAVEを聴くことは殆ど無くなった…。
そんな感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

WQC

WQCのメール通知が届く。来なけりゃ来ないで、10日は家でゆっくりしようと思ったが、
来たら来たで、ほっとこうかなという気にもなる。

それほど、やる気度は高くはない。(どうせ…、というのもある。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

イ短調

昨日と180度頭を切り替えて、イ短調に参加。
難問であろうが何であろうがいろんなタイプのオープンに幅広く出るのが自分のポリシーということで。
イントロと一般の短文クイズが半々で出題されるというコンセプト。
イントロと一般クイズの乖離が非常に激しくなっているからなあ。こういうコンセプトには賛同します。

・予選1ラウンド:ペーパー
短文20問、音楽系(歌詞穴埋め含む)20問の計40問(それぞれに近似値が1問ずつ)。
短文のほうは2問ほど分からない問題があるもののスラスラと解答。
一方、音楽系はやや難しめ。これかなあといった感じで書いた「ex」「グリーングリーン」「モルダウ」といったところが正解。歌詞穴埋めは、90年代中盤の3曲(「空と君のあいだに」の「ポプラ」、「ゆずれない願い」の「まばたき」、「ひだまりの詩」の「若葉」)を正解。
結果、短文は18問正解、音楽系は10問正解でした。この2倍の点数を持ち越して、予選2ラウンドに突入。

・予選2ラウンド:3○2×
受付時にひいた籤を基に組分け。同組には、灰色君など。短文系から見れば比較的、組みしやすい相手か?
あまり自信が無かったので確定ポイントまで待って押したら付いちゃったが、「スイス」(フロイトの出身国)をなんとか正解し、初日。
「ノーベル平和賞を受賞したポーランドの政治家」で、さすがにこれだろうということで、「ワレサ」を正解し、リーチ。
そして、「事故で亡くなった元プロ野球選手で、195~年に史上初云々」と聞こえたので、「スタルヒン」と答えたら正解で、結局、イントロを答えることなく1抜け。これで、流石に予選落ちは無いでしょう。
(1問目で、聞いたことあるイントロで何だろうと思ったら、Ting Tingsで吃驚。それは、タイトル分からんわ。)

予選上位10名が無条件にコース別進出だったのですが、予選トップの、Uchidaさん、それに続く2位で予選通過。

と思ったら、集計ミスだった模様で、自分が予選1位だったとのこと。自身初の予選1位、これは嬉しい。

・コース別
短文オンリー、イントロオンリー、短文・イントロ混合の3つに分かれるコース別。
第1希望の、混合コースに振り分けられる。が、暴発気味に押した「京」をなんとかひねり出しただけで、歯が立たずに敗退(1○1×)。

「逆ドリカム編成」を焦って「ドリカム編成」と口走って誤答。は痛かった。

・敗者復活
こちらも1○1×で終了。
レマルクを正解するも、なんか聞き覚えのあるイントロだと思って押したがなぜか「Hello Again」しか思い浮かばず誤答(正解はブリグリの「そのスピードで」)。

以下見学。
決勝では、お互いの守備範囲を守り合う展開。最後の最後でギアを入れ替えたham帽さんがイントロを正解して優勝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

KTC

King Tower Cup 2011に参加。
結果、ペーパー落ちでした。

思ったよりも分かる問題はあって、直近に振れた事象も多かったのですが、思い出せなさすぎ&簡単な問題をボーンヘッドで落とすもあり予選落ち。
(一応自己採点では、ボーダー上だったのですが、どっかで落としてるんだろうなあ。)

メモ&録音を取りつつ、最後まで観戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »