« 年間ベスト候補 | トップページ | 2011年振り返り »

2011年12月30日 (金)

2011年振り返り

2つの視点から2011年の将棋界を振り返ってみよう。

【客観編】 客観的な視点からみた十大ニュース
1位:渡辺明、羽生の王座20連覇を阻む。初の二冠 & 竜王8連覇
2位:羽生善治、王位奪取でタイトル獲得80期のタイ記録
3位:森内俊之、2度目の名人復位。通算6期目の名人
4位:久保利明、豊島・渡辺の挑戦を退け二冠堅持
5位:里見香奈奨励会入り。
6位:女流王座戦創設。加藤桃子奨励会1級が初代女流王座に。
7位:菅井竜也、羽生ら破り、最強戦優勝。
8位:加古川青流戦創設。地元の船江恒平が初代優勝者に。
9位:上田初美、初タイトルの女王獲得。
10位:清水市代、勝ちまくるもタイトル獲得には及ばず。

【主観編】 主観的な視点からみた十大ニュース
1位:上田初美、初タイトルの女王獲得。
2位:伊藤真吾、連勝でフリークラス脱出。
3位:NHK記録でお馴染みだった門倉啓太、四段昇段。
4位:NHK再編により「囲碁将棋ジャーナル」終了。「囲碁将棋フォーカス」開始。&NHKに女流登場回数激減
5位:渡辺明、羽生の王座20連覇を阻む。初の二冠 & 竜王8連覇
6位:長谷川優貴プロデビュー戦で甲斐智美に勝利。2級→初段の特進。
7位:羽生善治、王位奪取でタイトル獲得80期のタイ記録
8位:森内俊之、2度目の名人復位。通算6期目の名人
9位:女流王座戦創設。加藤桃子奨励会1級が初代女流王座に。
10位:中村桃子、村田智穂、横山泰明&島井咲緒里 棋士の結婚相次ぐ

1位~3位は、Twitterでフォローさせてもらっている方の大活躍ということで上位に。
長谷川女流初段のは、今年観戦していて一番興奮したのでランクイン。

【番外編】
・ 高崎駅で羽生名人(当時)に遭遇(笑)

|

« 年間ベスト候補 | トップページ | 2011年振り返り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193880/53650497

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年振り返り:

« 年間ベスト候補 | トップページ | 2011年振り返り »