« 社説を読む 第18回 | トップページ | 月曜日 »

2012年6月 3日 (日)

sakusaku 初夏のプレミアムライブ

京都から戻ってきた足で、「sakusaku presents 初夏のプレミアムライブ2012」を見に、日比谷野音へ行く。
会場につくと、まず目に付いたのは花束。南波志帆や木村カエラ(ヴィンちゃん仕様!)からのものが。
そして、音楽堂の中に入ると行列が。何やらグッズ販売らしくその列に並ぶ。この日特別仕様のタオルを購入。

ほぼ定刻にスタート。ミュージシャンのライブの合間に、番組MCのトミタ栞と黒幕が登場するというスタイル。

・Rhiwha
北海道出身のSSW。今年4月からsakusakuの月1レギュラーに。そして、間もなくメジャーデビュー。
正直、当たり障りのないポップスシンガーという印象。決して悪いミュージシャンでは無いので、1・2化けすれば面白いかも(うわ、エラそう)。

・カサリンチュ
自分の席の真後ろにいた、カサリンチュ(と中孝介)ファンが終始うざかった。のはともかく、カサリンチュのライブ。
確かにボイパは凄いけど…。「やめられない、止まれない」は、まあまあ良い曲だと思っていたが、これ以上の曲はなさそう。

このあたりで、トミタ栞が、(自分の名前の由来となった)「栞のテーマ」を熱唱。
この日一番の発見はこれだったかも。即歌手デビューしてもいいのでは?

・たむらぱん
番組オープニングだった「ずんだ」に始まり、現・番組オープニングの「ヘニョリータ」で終わる構成。
「ヘニョリータ」は、ここ最近では随一の出来だった気が。
ちなみに、たむらぱんのライブ中、会場左端でトミタ栞(たむらぱんと同郷)とRhiwha(多分)が観覧。

このあたりで、トミタ栞に加えて、歴代MCの中村優と声枯れ女(三原勇希)が登場。

・中孝介
ゲストギタリストとしてDEPAPEPEの2人が登場。はいいのだが、彼の曲、つまんないね(苦笑)。

・DEPAPEPE
流石のステージ。正直、CDとライブでそんなに差があるのか?と思っていたが、全然違った。ライブ良いね!
途中、黒幕ら4人が登場し、野音がらみの新曲(?)でコラボ。

アンコールで、今日の出演者全員が登場して、シメ。

終了後は、チャリティ企画ということで、募金と引き換えにこの日特別仕様のピックをゲット。

|

« 社説を読む 第18回 | トップページ | 月曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193880/55315254

この記事へのトラックバック一覧です: sakusaku 初夏のプレミアムライブ:

« 社説を読む 第18回 | トップページ | 月曜日 »