« 社説を読む 第32回 | トップページ | 疲労 »

2012年10月14日 (日)

第13回一橋オープン

第13回一橋オープンに参加。

TPP、勝抜杯とここ最近ペーパー落ちが続いていたので、とにかくペーパー落ちだけは避けたいという思いで参加。

ペーパー 大きなミスはなく力は出せたかなと。ただ、やっぱり少し前の時事は思い出せない…。
自己採点してみると、3択が結構当たっていて 15+22×2で、59点。どうなんだろう。

2R 3○2× 10人→5人抜け
ペーパートップが69点ということで、大丈夫そうかなという感じ。
第1セット目で名前が有った!とりあえずほっとして壇上に。

「ロンドン五輪で銀メダルをとった卓球女子代表」。バナクラでも正解し、少し前につぶやきでネタにした「平野早矢香」で1ポイント。
「ラボアジエの酸素説」という言葉に反応。一瞬、エーテルとか言いそうになったが、酸素→燃素と軌道修正し、「フロギストン」を正解。

あとは押し負けが続いて最終問題。
すでに3人勝ち抜けており、勝ち抜けは残り2人。自分より上位に2○0×が2人いるので、自分は正解しないと抜けられない。なんとしてでもボタンを着けなければ…。

「時計の長針は1日で24回回りますが、/」(問題文は曖昧)

ボタンが着いた!短針だから、24時間だと…。慎重に考えて「2回」と答える。正解!ギリギリで勝ち抜け(記録上は4抜けではあるが)。

3R コース別
正解数が少なくても上手いことやれば勝てそうな「為替」を選択(ルールは公式ブログ参照)。
上記理由により強豪は避けるかな?と思っていたのですが、何このメンツ?シードの4人中2人が居るんですけど…。

終盤で3○までつけて換金出来ればと思いつつ参加。

まずは、言葉問題の「うってつけ」を正解。
そして、「最新バージョンは、10.8」。何か聞いたことある番号だな、Firefoxじゃないし…。
と思っていたら、直接担当しているわけではないが仕事でよく聞いたあれではないか?
押す。一瞬、Mac OSと答えようとしたが、思い直して「Mountain Lion」を正解。
前言撤回しここで換金。

1問あけて、「今年、羽根直樹に勝って/」。こんなところで囲碁問題!
今年、羽根さんに勝ってタイトルを取ったのはあの人だよな。「井山裕太!」正解。すかさず換金。ここでトップに立つ。

ここでの換金は早まったかなと思ったが、これ以降正解できなかったので、結果的には正解だった。
最終問題の時点で2位に入っており勝ち抜け決定。最後に、久栗さんに抜かれて3位となるも、まさかの準決勝進出!

準決勝
2 Stepに分かれており、最初のボードクイズで下位に入ると脱落する。
なんとなくここで落ちるだろうなあと思っていたら、案の定。最下位敗退。
それにしても「ショクダイオオコンニャク」思いついたのに書き直して誤答したり、「新日鉄住金」を「新日鉄住友」と書いたり、地震関係の番組でやたらと聞いた「アスペリティ」や、ベタの「重慶」を思い出せなかったりとボロボロ。
まあここを抜けたところで、次の早押しボードで絶対勝てなかったでしょうが。

ペーパー抜ければ御の字と思っていたが、思いがけず準決勝まで行くことができ、少し自信になりました。

|

« 社説を読む 第32回 | トップページ | 疲労 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193880/56428212

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回一橋オープン:

« 社説を読む 第32回 | トップページ | 疲労 »