カテゴリー「本/マンガ」の13件の記事

2012年12月31日 (月)

2012年回顧その4 本編

今年読んだ本の中からベスト5。(発行日は今年に限らない)

未解決事件 グリコ・森永事件~捜査員300人の証言(NHKスペシャル取材班)
太陽の坐る場所(辻村深月)
舟を編む(三浦しをん)
プロメテウスの罠(1)(朝日新聞特別報道部)
IBM 奇跡の“ワトソン”プロジェクト: 人工知能はクイズ王の夢をみる(スティーヴン・ベイカー)

今年読んだ本一覧(漫画雑誌除く)
三陸海岸大津波(吉村昭)
プロメテウスの罠(1)(朝日新聞特別報道部)
未解決事件 グリコ・森永事件~捜査員300人の証言(NHKスペシャル取材班)
どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?(梅田望夫)
サラの柔らかな香車(橋本長道)
盤上のアルファ(塩田武士)
テレビは原発事故をどう伝えたのか(伊藤守)
本格ミステリ’11(本格ミステリ作家クラブ)
爆心(青来有一)
乳と卵(川上未映子)
ファーザーズ(伊坂幸太郎)
太陽の坐る場所(辻村深月)
本格ミステリ’10(本格ミステリ作家クラブ)
アクロイド殺し(アガサ・クリスティ)
きことわ(朝吹真理子)
重力ピエロ(伊坂幸太郎)
光媒の花(道尾秀介)
舟を編む(三浦しをん)
IBM 奇跡の“ワトソン”プロジェクト: 人工知能はクイズ王の夢をみる(スティーヴン・ベイカー)
女流棋士のONとOFF(高橋和)
舟を編む(三浦しをん)
ラジオ福島の300日(片瀬京子とラジオ福島)
先ちゃんの囲碁放浪記 桂馬の両アタリ(先崎学)
孤高の大木 千駄ヶ谷市場2(先崎学)
バトルロワイヤル(高見広春)※再読

積読もいっぱいあるので、それは来年に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

読書録

先月、図書館から借りた本を明日返却するということで、借りた本について軽くレビュー(読んだ順)。
周りの評判が高い感じの作家を中心に借りて、良ければいろいろと読んでみようかなと。

・本格ミステリ’10
短編本格ミステリが8本(と、泡坂妻夫の評論)入っている。

サソリの紅い心臓/法月綸太郎
正直あまり釈然としない。個人的には、探偵と同量の情報が読者には与えられるべきであると考えている。

札幌ジンギスカンの謎/山田正紀

佳也子の屋根に雪ふりつむ/大山誠一郎
ミステリーとしてはこれが一番好きだったかなと。タイトルの意味が分かった時の爽快感たるや。

我が家の序列/黒田研二
ミステリーというよりもハートウォームストーリー。やや無理やり感もあるが好き。感情移入して最後は泣きそうになった。

≪せうえうか≫の秘密/乾くるみ
本人も冒頭に書いているが、京都弁(関西弁)が下手。しかし、凝りに凝った内容ですなあ。

凍れるルーシー/梓崎優
背筋ヒンヤリ。雰囲気が上手く出ていて、読ませる内容。最後、超常現象的になるのは個人的には、あんまり好みではないかなあ。

星風よ、淀みに吹け/小川一水
設定が特殊。主人公がかわいそう。

イタリア国旗の食卓/谷原秋桜子
うむ。なるほどといった感じ。

・爆心/青来有一
長崎が舞台の短編集。もっと原爆がダイレクトに関わってくるのかと思ったがさにあらず。
やや肩すかしだったが、これはこれで。

・オー!ファーザー/伊坂幸太郎
現在、朝日新聞に連載中の「ガソリン生活」と方向性は似てるよね。てか、彼の作品は全般的にこういう感じみたいですね。
確かにハラハラさせて面白い内容ではありましたが。

・乳と卵/川上未映子
男が決して触れられない領域な気がした。読んじゃいけないものを読んでしまったような感覚。

・太陽の坐る場所/辻村深月
なるほど、確かにこれは読ませる。途中でいなくなった人がどうなったのかが気になるが、そこは本筋から離れるのでよしとするものなのでしょう。

次に何読むかは、次に図書館に行った時に考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

ようやく

図書館から借りた「街道をゆく」第1巻をこのあたりで読破。
最後のは、結構長くてしんどかった。
さあとは、「夕陽妄語」第1巻だぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

図書館

熊谷の図書館で、以下の5冊を貸出。
・別冊宝島「次の一手」読本
・上達するヒント/羽生善治
・西洋美術
・街道をゆく(1)/司馬遼太郎
・夕陽妄語(1)/加藤周一

読本はどうせすぐ読み終わるし、西洋美術も気になったところをメモに取ればいいのだけれど、あとの3冊が結構重い。
2週間で読み終えられるとは到底思えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

読書の冬

森見登美彦の「夜は短い歩けよ乙女」を読み始める。小説を読むのはいつ以来だろうか。
京都好きとしては、彼の本は是非読みたかったので楽しみ。これが気に入れば他の作品にも手を出そうかなと思っとります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

どうだろう

会社帰りにふと、駅近くのサティにある本屋に入ってみると、「THE QUIZ」なる本を発見したので反射的に購入。
ホラーらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

すごいキャスティングだ

録画しておいたBS漫画夜話。
最終夜は「のだめカンタービレ」がとりあげられていたのですが、
そのゲストにはなんと、KOKIA!!!!
まだ未見ではありますが、楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

ガーン

夜、電子番組表を見ていたら、「BS漫画夜話」の文字を発見。
復活してたのかーーー!!!!
1日目を見逃して凹む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

美味しい

帰宅途中、近くにある古本屋で、「美味しんぼ」初期巻が、1冊39円(の10%引き)であったので5冊ほどまとめ買い。
まだあったが、荷物がかさばるのと、週末になると20%引きになるらしいのでそれ待ちで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

候補作

直木賞・芥川賞の候補が発表されましたが、芥川賞にあれ?と思う名前が。

川上未映子(かわかみみえこ) 「わたくし率 イン 歯ー、または世界」

これって、ミュージシャンでαとかでDJやってた「未映子」の事?
と思い、検索するとブログ発見。やはり本人でした。

てか、相変わらずぶっ飛んでるなー。この候補作も何と読んだらいいのやら。
もし彼女が受賞したら、面白い事になりそう。

ちなみに、他の候補者で知っているのは、
芥川賞:柴崎友香
直木賞:北村薫(まだ取ってなかったんですね)、森見登美彦
くらい。
森見登美彦の「夜は短し歩けよ乙女」は京都好きとしては是非読んでみたいとは思っているのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧